アクセスランキング 【セントライト記念2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【セントライト記念2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】

セントライト記念2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




ジェネラーレウーノ 1着

好スタートから素早い位置取りでこの馬のポジションを取る事が出来た。折り合いはつく馬だし今回もハミを抑えた所で取り返してくる雰囲気は無かった。

前で一頭飛ばした馬がいての前半1000m1分00秒9だからペースとしては絶好だっただろう。ラスト800mからレースが動く典型的なスローペース競馬ではあったけど、それでも最後まで止まる気配を見せずに粘りきったのは強い内容。どうもこの馬を過小評価していた様。

ダービー大敗で距離の長い所はどうか、と思ったけどこの折り合いと雰囲気なら3000mでもペースを作って持ちそう。

評価は大幅前進。菊花賞も十分チャンス。




レイエンダ 2着

800m地点からのロングスパート勝負になってしまい、それで前に頑張られてしまった以上仕方が無いという感じではある。あとコンマ2秒速い上がりならばと言う事になったけど、セントライト記念は例年どういうワケか上がりが出にくく、33秒台を使った馬は昨年の1・2着馬くらいしかいない。

最後まで詰めていたしよく頑張って走ったと思うよ。勝ち馬がそれに負けない頑張りを見せただけで悲観要素は全く無い。

折り合いについて言われている様だけど、正直個人的にはこの馬は折り合いに難しい所がある様には思わない。今日のようななだらかなペースでも折り合いは十分ついていたし、菊花賞3000mも心配要らないと思う。

菊花賞も当然注目。




グレイル 3着

久しぶりに持ち前の末脚を見せてくれた。出遅れたけど岩田騎手がハラを括ってそのまま後方のインに待機して極力温存を図っていた。勝負所も外に出そうとせずイン突きを敢行する岩田騎手らしい一撃必殺の競馬を狙った。

その甲斐あって脚は溜まっていたけど、直線は塞がってしまい外に行かざるを得ず追い遅れる形に。捌いて追って3着までだったけど、インからスッと抜けられればレイエンダを制して2着だったかも、と思わせてくれる内容。

思い切った騎乗がハマった側面はあるけど、それもこの馬の末脚があってこそ。菊花賞は少し楽しみになったね。

ブレステイキング 4着

序盤好スタートから先手を作るも、逃げに行く他馬に影響されて折り合いが乱れてしまった。程度はそこまで大きくなかった様に思うけど、序盤から息が乱れたワケだし影響はそれなりのものだったと思うよ。

4角でかなり手応えが怪しくなったけど、直線入ったとたんハミを取って再加速した。気持ちが乗り切らなかった所はあったのかも知れないけど、直線で見せた気勢は十分評価できる。

上位3頭は立派な競馬をしていたし、それに食い下がっての4着なら胸を張ってよい。追い切りで他馬を気にしていそうな雰囲気はあったけど、今日の序盤を見る限り少し他馬を気にするのかな。

菊花賞はネガティヴ視。

ギベオン 13着

勝ち馬に近い位置で勝負所は居られたけど、直線入って早々に力尽きた。コースロスや折り合いの乱れもなかった事、ペースもあまり速くなかった事を考えると距離かな、とは思ってしまう。

マイルで再度反撃を。







コメント

  1. フォーボス より:

    久々に馬券買ってました
    ペース遅かったですねー
    前ですっ飛ばしてたタニノフランケルが1分0秒09だから
    勝ったジェネラーレウーノは相当いいペースで走ってたんでしょうねー
    レイエンダを完全に今日は馬券では切っていたのですが
    このスローペースで最後見せ場があるんだから
    次の(どのレースかはわかりませんが)本番は怖いなあ。。。