アクセスランキング 【オールカマー2018】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【オールカマー2018】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

アルアイン、エアアンセム、ガンコ、ゴールドアクター、ショウナンバッハ

オールカマー2018の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ



アルアイン

栗東 坂路  やや重 水曜日  併せ 馬なり

4F52.4  3F38.3   2F24.7  1F12.2

QE2世C5着。国内では大阪杯3着が直近。好スタートを決めて好位で思ったよりかなり折り合って運べていた。元々嚙む所のある馬なだけにそこが前進要素に思えたね。4角でいつも少し置かれてしまうので、そこにも進展があるかどうか。

時計は速いけど、ほぼ最初の方に馬場入りしている感じだから額面通りには決められない。少し掛かりそうになるのはいつもの事で気にならないけど、僚馬を抜けなかったのがどうか。鞍上も抜くよう促していて肩ムチまで使っている。ちょっと予定外の終わり方にはなってしまったんじゃないかな。つまりもう一つと言う事。

83点



エアアンセム

栗東 坂路  やや重 木曜日  単 強め

4F53.1  3F38.3   2F24.7  1F12.2

函館記念1着。とにかくロスのない競馬が出来て4角もライバル馬に比べて全く苦労する事なく出てこられたからね。評価幅はあまり大きくない。

馬場状態が良いとは言え、体の伸縮が十分で背中の使える弾んだ走りになっていたのは好感。追われて最後まで伸びているし最後まで浅くならないのも良いね。

80点




ガンコ

栗東 坂路  やや重 水曜日  単 強め

4F52.6  3F38.0   2F24.4  1F12.0

天皇賞春14着。先手で折り合って運んだけど4角で手応え一杯。距離もあったと思うし、相手も手ごわかっただろう。日経賞を勝っているし2200mなら自滅はないハズ。

前にいた他厩舎の馬を抜きに行こうと自分から動いているのは好感。十分走れる状態にはありそうだよ。馬場が良いとは言えこれだけの時計なら負荷も貰ったはずだけど、最後まで伸びているのは良い。

79点

ゴールドアクター

美浦 南W やや重 水曜日 併せ 馬なり

5F67.6 4F51.8 3F37.9 1F13.1

大阪杯16着。春先は馬に走る気持ちが全くなく、追い切りでもそれが分かるほど。それがどう改善してきているか、そこに注目。

低く柔らかい往年のフォームは春先から戻ってきている。後は前進気勢と言う事になるけど、今回の追い切りは手綱に遊びが有る状態でも少しの追いで十分伸びた。反応も素早い方だったよ。復活しているかもしれないと思わせる走りではある。全盛期は接戦にめっぽう強い馬だったけど、そこまで戻っているかは追い切りからは分からないな。

期待値込の86点

ショウナンバッハ

美浦 南W 良 木曜日 単 一杯

4F53.4 3F38.1 1F12.7

新潟記念3着。末脚タイプの馬で毎回この馬なりに脚は使っている。一時期の救いようの無い不調からは脱してきており、後方で遅い上がりのまま惨敗というのは最近はない。ここも「もしかしたら」という気持ちはある。

目一杯に追って仕上げに余念はなさそう。この脚勢でこの時計だとちょっと遅い感は否めないけど、馬の反応は機敏だったし力は出せる状態のはず。

70点