アクセスランキング 【オールカマー2018】最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【オールカマー2018】最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】

ダンビュライト、ブライトバローズ、ブラックバゴ、プリメラアスール

オールカマー2018の追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ



ダンビュライト

栗東 坂路  やや重 水曜日  併せ 一杯

4F50.2  3F37.2   2F24.7  1F12.7

宝塚記念5着。4角で反応が鈍ったけど直線で粘り比べを見せて5着は死守。上がりのかかる荒れた馬場に苦しんでいたようには見えた。スピードのある馬だし良馬場での反撃はあると思う。

追い切りはいつも通り目一杯。さすがに最後はフワっとしたけど、息遣いは十分楽そうに登れており好感が持てる。良い位置で競馬出来る馬だし、期待は持てる。

84点



ブライトバローズ

美浦 南W 良 木曜日 単 強め

4F54.4 3F39.7 1F13.2

丹頂S8着。全く見せ場なしの4角一杯大敗で見込める幅が少ない。アクセクして運ぶ馬なので少頭数と短縮は多分プラス。

発汗が激しい所を見るとやはり緊張してしまう所が強いみたい。前に伸張するフォームではないし、これではエネルギーが持つかどうか。

1点

ブラックバゴ

美浦 南W やや重 木曜日 単 強め

5F69.5 4F53.4 3F38.1 1F12.7

函館記念10着。馬が内枠で激しく動揺してしまい呼吸が大幅に乱れた。あれではどんな距離でも苦しいし大敗は当然と言った所。少頭数で運びやすいここは前進があるかも。

直線入ってからのハミの取り出しが素早かったのは好感。1F12.7秒が示すとおり追われてそれに見合った伸びは見せているし、よく見えるよ。

74点




プリメラアスール

※追い切り映像は無し。

京都記念10着。逃げてどこまでという馬だけど、勝負所で簡単に失速してしまい全くと言って良いほど見所がない。