アクセスランキング 【オールカマー2018】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【オールカマー2018】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

マイネルフロスト、マイネルミラノ、ミライヘノツバサ、レイデオロ

オールカマー2018の追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ



マイネルフロスト

美浦 南W やや重 水曜日 単 馬なり

5F69.8 4F54.8 3F40.3 1F13.3

七夕賞8着。逃げの馬だけどこの馬は番手でも大丈夫。最後まで走りきる時もあるし、そんなに悪い馬ではないと思う、脚は持っていないので着順はどうしても冴えないけど。

前走より時計は速いくらいなんだけど、軽いステップで軽快に走っていて意外な印象。前走時は追われてヘッドアップするなどイヤな気配を出していたんだけどね。良くなっているのかも。

48点



マイネルミラノ

美浦 南W やや重 水曜日 単 馬なり

5F71.5 4F55.6 3F40.2 1F13.2

新潟記念13着。ブリンカーが示すとおりとにかく逃げたい。気分よく行かせて終い止ったらそれまで。積極的に行けば良いんじゃないかな。この少頭数だと後続のゴチャつきもあまり期待出来ないし厳しいとは思う。

珍しく追われてからの動きに切れがあって良く伸びている。馬場状態も良くない中でかなり意外な走りをしていた。ジョッキー騎乗と言う点を差し引いても動けている様に見えたね。

75点



ミライヘノツバサ

美浦 坂路  良 水曜日  単 強め

4F53.1  3F39.1   2F25.8  1F12.6

2017年の日経賞2着。前に一頭置いてリズムの良いペースで進められた。かなり頑張ったけど、当時好調だったシャケトラの追い込みに屈する形になり、なかなかの内容ではあった。さすがにブランクが気になるけど、どうか。

逆手前で曲がってきてそのままの手前で登ってしまったのもあるんだろうけど、動きに重苦しさがあり、時計も今ひとつ。馬場状態は良さそうだったのにね。

やはり様子見が順当だろう。

14点

レイデオロ

美浦 南W 良 木曜日 併せ 馬なり

5F69.4 4F53.8 3F39.9 1F13.3

ドバイシーマ4着。ドバイ開催は芝の保全が利いている分どうしてもインの前が有利。直線入って着順が微動だにしていない事からもそれが分かるよ。4番手で仕掛けて止まらず4着に敗れたのであれば位置取りに敗因を求めても良い。

少し折り合いに不安がある馬なので久々だとそういうのが出やすいかもしれないね。

追い切りでの折り合いの雰囲気、体のキレは京都記念時に比べてもう一つと言う感じが否めない。脚取りに重みはあるし、それなりに追われてからでないとスピードが出ていない。カッカしている雰囲気もちょっと心配になるくらいのレベルだね。意外に実力を発揮できないかもしれないよ。

78点