アクセスランキング 【神戸新聞杯2018】レース回顧 ワグネリアン、エタリオウ等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【神戸新聞杯2018】レース回顧 ワグネリアン、エタリオウ等 元馬術選手のコラム【競馬】

神戸新聞杯2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




ワグネリアン 1着

やはり春先と同じくパドックから掛かる気配を出す所は残った。その分、序盤推して行けず出たなりの位置でジッとして末脚をタメるという従来の戦術に大きな変化はない。

今日もスムーズにリラックスした道中とは行かなかったけど、最低限の折り合いで出たなりで進めた。末脚は持っている馬だしこれで勝てているし、良いは良いんだろうけど、もっと位置取りに融通が利くといいな、とは思う所はある。

行きたがっている分、追われてからの反応は速いね。多少行きたがる馬だけどそれでも終いを失わないのは本当に心強い。

それと左手前で決め脚を使うので右回りはやはり合っているとは思う。右回りでウチにややモタれるのを久しぶりに見せたけど、御せない範囲ではないだろう。

藤岡騎手も直線で前が捉えられる形勢になったら後方のエポカドーロに警戒を切り替えていて取りこぼしのない確りした騎乗だったと思うよ。




エタリオウ 2着

ゲート直後から手綱を引いていたし、最初っから最後方に行くつもりだったみたいね。菊花賞を意識している所もあるのかな。折り合いをつけたレースをしていた風には見えた。

最後は鋭い脚を繰り出したけど、4角で置かれてしまったのが最後まで響いた。もしあそこでワグネリアンに追走出来ていればもっとやれたかも知れないな。

折り合い面に不安はないし、脚も鋭い。菊花賞はやはり期待だね。




エポカドーロ 4着

ゲート後の躓きは当然痛かった。これで後方からの競馬になってしまったけど、前粘り信条の馬にワグネリアンを差せってのはそれは無理な話であって…。

ハラを括って道中から最後までワグネリアンをマークしたのは良かった様に思うけどね。

出遅れてたワケじゃないし、躓き無く行けて先手が取れていれば結果も違っていた筈。自分のカタが崩されてしまっての4着なのだから悲観要素は無いよ。

競馬ってのはやはり何があるのか分からないね。