アクセスランキング 【府中牝馬ステークス2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【府中牝馬ステークス2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】

府中牝馬S2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




ディアドラ 1着

最後方からリスグラシューをマークする競馬。序盤殆どの馬がガッチリ抑えたし、まだまだ馬場状態が良いから、後方からでは届かないと思ったけどね。かなり実力を示した勝利だと思うよ。

それと、道中置かれ置かれになっていないかな?と感じたのも事実。久々の分かこの馬本来の動きにはなっていなかったかもな。ただ、「それでも勝つんだから凄い」と言う言い方をしてしまって良さそうな馬ではある。殆どのレースで置かれるなんて所は見せていないから、ここを叩いて本調子に戻して来ると思うよ。

G1も当然期待大。




リスグラシュー 2着

出遅れ癖が出て後方からになるもデムーロ騎手がスローを察知してか、道中でポジションを上げて直線絶好の形で入れる流れにはなった。

前を射程に入れてギリギリの出来るだけギリギリの所で先頭に立つという、一流のペース配分があった上で最後交わされてしまったのでは、もう完敗と言う他ない。

脚のある所は引き続き示したし、展開次第では本番でもと思わせてくれる内容だった。




フロンテアクイーン 3着

インの前で折り合ってかなり上手いコース取りが出来た。直線も前を射程に入れつつ追い出しを待つなど完璧な競馬だった。

相手が強かったと言う事。この馬の力は100%発揮していたと思うよ。

ジュールポレール 4着

イン前で折り合って上手いコース取りが出来たのは3着馬と一緒。ただ、直線、カワキタエンカに狙いをつけて早めに脚を使った分、1・2着はともかく3着馬の追撃を凌げなかった。

鞍上の判断が乗らなかった形にはなったと思うよ。

アドマイヤリード 7着

上がり32.7秒と使っている事からも分かる通り決して見限れない。勝ち馬と同じ位置にいて0.4秒上がりの差があったのは実力差だとは思うけどね。

このスローで最後方にい続けるハメになったのがいけなかったかな。どこかで前に上がれればまた違ったハズ。

次も普通に期待して良いと思うよ。







コメント

  1. 匿名 より:

    完全にハズレてますね。。