アクセスランキング 【秋華賞2018】レース回顧 アーモンドアイ等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【秋華賞2018】レース回顧 アーモンドアイ等 元馬術選手のコラム【競馬】

秋華賞2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




アーモンドアイ 1着

枠が外めだったのでゲートから真っ直ぐ走らせれば自ずと外めが取れる。それに加えて外隣が逃げ馬のオスカールビー、その更に隣がこれまた逃げ馬のミッキーチャームだったから、より外に壁が出来にくい枠関係だった。

向こう正面で折り合っての外めだったし直線はこれは出てこれると思ったね。唯一心配だったのが前を走っていたのが9オスカールビー・ゴージャスランチとタレてきそうな相手だった事くらい。それでもロスを気にせず外に出してしまえば実力で何とか出来るだろうとは思って見ていた。

直線入った時はさすがに後方だったけど、この馬なら届くと誰もが思ったはず。ムチも本気で使わずに前で頑張るミッキーチャームを意図もアッサリ捉えて勝利するんだから強いよね。

ここでは言うまでもなく次元そのものが違った。牡馬の一線級との戦いも楽しみだし、JCに是非出てきて欲しいね。




ミッキーチャーム 2着

渾身の騎乗だったと思う。逃げがすっかり板についている馬だからここでも人馬共に迷いなくハナに行けた。少し嚙みはしたけど、この程度ならと言うレベル。ここまでの3戦で2着につけた差は15馬身。これが伊達ではなかったと言う事だろう。

直線入って後続を待たずに一気に行く勝ち拘りのスパートを見せるも、アーモンドアイの鬼脚には為す術がなかった。例年なら勝ち負けレベルの走りだと思うし、これまでのパフォーマンスからこの2着も実力あってのもの。

賞金を稼いだ事は大きいし、この後の牝馬戦線を牽引する一頭になって欲しいね。




カンタービレ 3着

折り合いを意識して序盤そーっと出た分、アーモンドアイと近い位置で競馬をするハメになった。ミッキーチャームの様に、少なくともアーモンドアイの前で競馬をしないと勝ち目が無いからね。序盤のポジショニングがあまり上手く行っていない様に思えた。

勝負所もアーモンドアイの真後ろ追走になったし、着固めには理想かも知れないけどちょっと勝ち目のある競馬は出来ていなかった。

やはり折り合いが難しそうだけど、抑えた分末脚は引き出せていたし、乗り方一つで重賞は引き続き行けると思った。

サラキア 4着

出遅れは毎度の事として、そこからの位置取りのリカバリは上手くさすが池添騎手と感じた。最内をピッタリ回ってアーモンドアイより前に位置取り出来たし、勝算を見出せる積極的な騎乗をしていたと思う。

4角もサヤカチャンがバテた所を縫って直線理想的な形で出てきて完璧な形でスパートを掛けられた。

最後は伸び脚及ばずだったけど、力は遺憾なく出し切ったんじゃないかな。

牝馬限定の重賞なら今後も面白そう。

プリモシーン 7着

3番上がりで鋭く追い込んだけど、位置取りが後ろ過ぎだろう。スタートに不安が残る馬でやや出遅れてしまったのが原因。それで終始後方の競馬だったからね。

関屋記念みたいに五分に出られれば強いんだろうけど、引き続きゲート不安はつきまとう感じにはなった。今までのレースも出遅れさえなければというのが多かったから。。。

評価はやや後退。

ラッキーライラック 9着

キレイなスタートから好位で折り合って進められていたんだけど、3~4角動き出した所で突然逆手前になり止ってしまった。かなりヘッド(重心)も上がっていたので、脚部に異常が出ていた可能性もあると思う。

ちょっと不可解なレースにはなった。何事も無ければ良いけど…。