アクセスランキング 【菊花賞2018】最終追い切り所見  1 /3  エポカドーロ、エタリオウ等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【菊花賞2018】最終追い切り所見  1 /3  エポカドーロ、エタリオウ等 元馬術選手のコラム【競馬】

アイトーン、アフリカンゴールド、エタリオウ、エポカドーロ、オウケンムーン、カフジバンガード

菊花賞2018の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アイトーン

栗東 CW 良 水曜日 単 馬なり

6F84.1 5F68.0 4F53.0 3F39.1 1F12.3

札幌記念16着(最下位)。出ムチを入れてでも逃げなきゃいけない程の逃げ馬で、ここでもそうせざるを得ない所はありあそう。前走は1000m通過付近で先頭集団から脱落して15着から9馬身離れての最下位敗退。これではどうしようもない。

馬なりで馬場の良い時間にキュッと絞った感じの追い切り。折り合い重視かな。これで少しでもリラックス出来れば。

4点




アフリカンゴールド

栗東 CW 良 水曜日 単 馬なり

5F69.7 4F53.3 3F38.7 1F11.7

兵庫特別1着。条件戦を余裕残しで連勝して勝ちあがっており、まさに上がり馬と言う気配。2400m戦でも折り合いはついていたし3000mへの不安はあまりないだろう。

追い切りは抑えに重きを置くも直線はハミとグイっと取って気勢も維持。3000mだともう少しのんびりしている方が不安がないかも知れないけど、走る気になっているのは良い事だと思う。フォーム的に四肢だけで走る所があり、それで距離が持つかどうかは追い切りを見て不安に感じた。

49点




エタリオウ

栗東 CW 良 水曜日 併せ 強め

6F83.4 5F67.9 4F52.7 3F38.2 1F11.7

神戸新聞杯2着。ゲート直後から手綱を引いていたし、最初っから最後方に行くつもりだったみたいね。菊花賞を意識している所もあったと思う。折り合いをつけたレースをしていた風には見えた。

最後は鋭い脚を繰り出したけど、4角で置かれてしまったのが最後まで響いた。もしあそこでワグネリアンに追走出来ていればもっとやれたかも知れないな。

折り合い面に不安はないし、脚も鋭い。菊花賞はやはり期待。前走控えた成果が良い方向には出ると思う。

追い切りはこの馬としてはかなり走っている。毎回進む気持ちがあまり感じられず、良く見えないんだ。今回も反応が遅かった分で僚馬に遅れたけど加速そのものは今までに比べれば十分良い。エンジンさえ掛かれば大きくキレる馬で3000mはピッタリの馬と言う感じはするけどな。

99点

エポカドーロ

栗東 CW 良 水曜日 併せ 強め

5F69.6 4F52.8 3F38.0 1F11.7

神戸新聞杯4着。ゲート後の躓きは当然痛かった。これで後方からの競馬になってしまったけど、前粘り信条の馬にワグネリアンを差せってのはそれは無理な話であって…。出遅れてたワケじゃないし、躓き無く行けて先手が取れていれば結果も違っていた筈。自分のカタが崩されてしまっての4着なのだから悲観要素は無いよ。

追い切りは重心が沈むフォームで直線自ら素早く加速していてやはり好感度は高い。動きがキレている馬で3000mは我慢の要求が必要か。

89点

オウケンムーン

栗東 CW 良 水曜日 併せ 馬なり

7F98.6 6F81.9 5F66.3 4F51.7 3F38.0 1F12.2

セントライト記念5着。最後方から大外ブン回しで5着まで上げて来た。末脚の利きにくい展開で目を引く走りだった。折り合いはつく馬と言うイメージがあり3000mは安心視している。

…と思ったんだけど、追い切り見てもう一度よく考えたらヘッドアップして四肢だけで走ってしまうので無駄に消耗して持たないかも。併せた所でグンっとは行かないけど、競ってどうこうと言う馬ではないから…。キレ脚で一気に行ければ。

45点

カフジバンガード

栗東 坂路  やや重 水曜日  単 強め

4F52.9  3F37.8   2F24.4  1F12.0

能勢特別1着。春先は脚はそれなりに持っているんだけど、馬群はダメそうな感じだし追ってフラつくなど結構レースが難しくなりやすい馬と言う印象だった。ここの所は少頭数で先行している分、実力を発揮出来ていそうだけど、菊花賞18頭立てとなるとどうかな。脚も本当に「それなり」だし。

追い切りは馬場の良い時間にやったので時計は速い。手前を替えてキッチリ伸びているしこの馬なりに順調と言うヤツだろう。

40点