アクセスランキング 【菊花賞2018】最終追い切り所見  2/3  ジェネラーレウーノ、グレイル等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【菊花賞2018】最終追い切り所見  2/3  ジェネラーレウーノ、グレイル等 元馬術選手のコラム【競馬】

グレイル、グロンディオーズ、グローリーウェイズ、コズミックフォース、ジェネラーレウーノ、シャルドネゴールド

菊花賞2018の追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ




グレイル

栗東 CW 良 水曜日 単 強め

6F85.0 5F68.0 4F52.2 3F37.4 1F11.7

セントライト記念3着。久しぶりに持ち前の末脚を見せてくれた。出遅れたけど岩田騎手がハラを括ってそのまま後方のインに待機して極力温存を図っていた。勝負所も外に出そうとせずイン突きを敢行する岩田騎手らしい一撃必殺の競馬を狙った。

その甲斐あって脚は溜まっていたけど、直線は塞がってしまい外に行かざるを得ず追い遅れる形に。捌いて追って3着までだったけど、インからスッと抜けられればレイエンダを制して2着だったかも、と思わせてくれる内容。

思い切った騎乗がハマった側面はあるけど、それもこの馬の末脚があってこそ。菊花賞は少し楽しみになったね。

追って頭が上がるのは2歳の時からそうだし、今更気にしない。折り合いはつきそうだし、後方でジッとタメられれば。こういう馬は面白いかもしれないな。

76点




グロンディオーズ

美浦 南W やや重 水曜日 併せ 強め

5F64.8 4F50.1 3F36.6 1F12.5

信濃川特別1着。先手に行ったのが幸いして上がりの競馬を制した感じ。そんなにガツンと来る勝ちっぷりでもないし、あまり強調点はないかな。

追い切りは馬場の良い時間に内を回してやったものだからタイムがかなり速くはなっている。追われてからの反応はそれでもこのメンバーでは今ひとつだし、どうかな。

21点




グローリーウェイズ

美浦 南W やや重 水曜日 併せ 強め

6F84.6 5F68.6 4F53.8 3F38.6 1F12.7

佐渡特別1着。1600万下を楽な手応えで抜け出して勝利しており好感度は高い。折り合いの感じからこの馬も3000mは多分問題なし。末脚を持っているのはこれまでの重賞でも確認しているし、ノーチャンスではないと思う。

追い切りは僚馬に抑えてもらって気分よく抜け出す形に。3000m戦とは言えハミの取りがゆったりしすぎているのがどうか。あまり良く見えないな。

36点

コズミックフォース

栗東 CW 良 水曜日 併せ 馬なり

7F97.5 6F81.1 5F65.6 4F51.2 3F37.7 1F12.2

セントライト記念7着。最内をキレイに回って最後この馬なりに伸びていたけど弾けっぷりが弱く7着まで。ダービー3着時みたいにもっと前で粘らせれば良さが活きるのかも。

追い切りは背中を使える弾んだフォームで走れていて、時計も好いた感じ。併せて競る所も確り出ていたし、鞍上の指示で一発で手前を替えていたのも好感。

前でハマれば。注意が必要だと思うよ。

84点

ジェネラーレウーノ

栗東 CW 良 水曜日 単 終い強め

4F50.9 3F37.0 1F11.7

セントライト記念1着。好スタートから素早い位置取りでこの馬のポジションを取る事が出来た。折り合いはつく馬だしハミを抑えた所で取り返してくる雰囲気は無かった。ラスト800mからレースが動く典型的なスローペース競馬ではあったけど、それでも最後まで止まる気配を見せずに粘りきったのは強い内容。どうもこの馬を過小評価していた様。

ダービー大敗で距離の長い所はどうか、と思ったけどこの折り合いと雰囲気なら3000mでもペースを作って持ちそう。

追い切りはこの距離のレースにしては時計を出してきた。そこは陣営判断だから良いんだけど、直線で最後手前を戻してフワっとしてしまったのが正直気になるな。ネジが完全に締まらなかったかもと思ってしまう。

75点

シャルドネゴールド

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 強め

4F54.1  3F39.3   2F24.7  1F12.0

レインボーS2着。末脚の利かない馬場状態で懸命に伸びていた。勝ち馬のドレッドノータスには持って来いの展開だったとは思うし、あの馬もかなりなの知られた馬だから…。

菊花賞は厳しい戦いになるとは思う。3000mは未知数。

追い切りは馬場状態が良かったにしては進みが悪く、追われてからの伸びも心もとない。今ひとつだね。

14点