アクセスランキング 【アルテミスステークス2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【アルテミスステークス2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

アルテミスS2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




シェーングランツ 1着

出遅れ、反応一息なのはいつも通りと言った所で、まぁ、前が崩れたから差し切れたと言う評価をせざるを得ない所はあると思う。

直線、叩く回数に応じて速度を上げていたし、やはりズブめな印象は感じる。一発ムチ打ってビュンっと来る所はなさそうで、決め手の信頼感はもうワンパンチあった方が良い様な。

ちょっと癖が多そうだけどね。新馬・未勝利ともキレイな競馬は出来ていないしもう少し出来てくるのを待ちたいね。




エールヴォア 3着

直線で前がきれいに開いたんだけど突き抜けて来れなかった。前走もそうだけど、ちょっと怯む所がまだあり、今回も道中で雰囲気を崩す場面があった。それが無ければ末脚がもう少し使えるかもだけど…。

強い競馬をしたとは中々思い難いのが正直な所。まずソツの無い回りで抜けて来られなかったんだから、今はそういう段階の馬と評価すべきだろう。




グレイシア 11着

パドックではそうでも無かったんだけど、レースではハミを嚙んで口元が唾液で白くなっていた上に、発汗も呈していた。これまでのレースではそういう所は無かったけどね。

パドックで普通→レースで発汗となると、馬場入場~ゲート入りまででいきなり発汗したと言う事。緊張したか何か、精神的なコンディションに変動があったのかも。

直線狭い所を通ったせいで脚勢を失った可能性もあるけど…。ただ、追い出してそんなに余力があった様には見えなかったな。

ちょっとどうかな、と思う内容にはなってしまった。巻き返しがあるかどうか。