アクセスランキング 【JBCクラシック2018】最終追い切り所見  1/3 オメガフューム等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【JBCクラシック2018】最終追い切り所見  1/3 オメガフューム等 元馬術選手のコラム【競馬】

アスカノロマン、アポロケンタッキー、オメガパフューム、オールブラッシュ、カツゲキキトキト、クリソライト

JBCクラシック2018の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アスカノロマン

栗東 CW 良  水曜日  単 強め

6F83.8 5F66.9 4F52.0 3F38.7 1F12.6

ブラジルカップ12着。昔と違って折り合いはつくんだけど、覇気も無くなったというか…。至って問題ない運びで、直線もバテた気配までは出していないんだけど全く伸びようとしない。馬がレースをしていない感じだね。

追い切りは一蹴りでの進みが少ない上に直線に入っても自分から沈む所もなく良く見えない。気勢の無い馬の走りだね。ちょっとどうか。

4点




アポロケンタッキー

栗東 坂路  良 水曜日  単 一杯

4F51.8 3F37.9   2F25.7  1F13.4

日本テレビ盃2着。勝ち馬ケイティブレイブに追いすがるも縮められず。巨漢馬で脚が使えない所があり、押し切り方の競馬にはどうしてもなる。京都のダートコースで立ち回りが利くかどうかも心配。

追い切りは二週続けてのメイチ。550㎏を超える巨漢馬なので4F51.8秒で攻めれば終い失速するのは当然だし陣営も計算に入れている事だろう。それに今週の栗東坂路は終いどの馬も結構時計が掛かっている。それよりもとにかく追って気勢を強めてやらないと大きい馬はすぐ抜けてしまうから…。

67点。仕上げ方に関しては賛同。




オメガパフューム

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 馬なり

4F52.7 3F38.9   2F25.8  1F13.2

シリウスS1着。中団からマクって上がって行き確り伸びて勝利するんだから評価出来る。能力の無い馬なら直線向いた所でタレるだろうからね。手前を替えなかったのが正直若干気になったかな。

馬なり52.7秒で息も乱れていなさそうだし、好感度は高い。僚馬は55秒台(一週前追い切り)でも止まってしまう馬の様なので先着は評価しない。追えば十分伸びそうな手応えだったし、よく見えるよ。

86点

オールブラッシュ

※水曜日時点で追い切り映像は無し

MCS南部杯5着。上位2頭が強かったのもあるけど、4角で手応えが苦しくもうワンパンチと言う内容に終わった。

カツゲキキトキト

※水曜日時点で追い切り映像は無し

白山大賞典3着。止まってはいない感じだったけど勝ち馬には千切られた。能力的に差を見せ付けられた感じで中央勢にどこまで太刀打ちできるか。

クリソライト

栗東 坂路  良 水曜日   併せ 一杯

4F51.8 3F38.4   2F25.7  1F13.2

コリアカップ2着。ちょっとこのレースは参考にならないと思う。その前が1年以上前の帝王賞だし過去走を参考できない。

追い切りは思ったより気勢よく登って来たけど、ムチを振られてからの感触が今ひとつでスイッチがあまり入っていない。僚馬にも遅れてしまったし、どうかな。

29点








コメント

  1. 匿名 より:

    クリソライトはコリアカップも1年以上前ですね。