アクセスランキング 【JBCクラシック2018】最終追い切り所見  2/3 ケイティブレイブ等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【JBCクラシック2018】最終追い切り所見  2/3 ケイティブレイブ等 元馬術選手のコラム【競馬】

ケイティブレイブ、サウンドトゥルー、サンライズソア、シュテルングランツ、センチュリオン、タガノゴールド

JBCクラシック2018の追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ



ケイティブレイブ

栗東 坂路  良 水曜日  単 馬なり

4F52.7 3F38.8   2F25.8  1F13.3

日本テレビ盃1着。レースの立ち回りが上手く、好位を取れるのはダート戦ではやはり大きい。飛びぬけて良い脚を持っているワケではないから強襲に遭うと跳ね返せないかもだけど、アテにできる所があり検討しやすい。

2週続けて軽めで特に攻めていなかった。フェブラリーSの時なんかは結構負荷をかけていたけどね。時計以上に気勢の入っている感がなく、率直な話で今ひとつ感がある。どうなんだろう。正直高く評価出来るような気配が無かったよ。

59点

サウンドトゥルー

美浦 坂路  良 水曜日  単 馬なり

4F53.4 3F38.9   2F25.4  1F12.7

日本テレビ盃3着。ダートのトップ所としては珍しく差し・追い込みで勝負してくる。その分、好位ありきの地方では分が悪いけどチャンピオンズカップを鋭く伸びて勝っている事からも分かる通り中央でなら末脚勝負で勝ちきれる事もある。馬場が締まればなお面白いよね。

馬なりで追われなくとも十分に馬が前伸びして走れている。良い状態にはあるんじゃないかな。後はダートで届く展開になるかどうかだね。どうしても展開に注文はつくタイプだろうから…。

79点



サンライズソア

栗東 坂路  良 水曜日  単 馬なり

4F55.7 3F41.1   2F27.1  1F13.5

シリウスS3着。2番手を取って終いもそこまで止まらず粘っていたんだけど、上位2頭の35秒台には屈した。ただ、重賞勝つ馬なら35秒台を使ってくるのは普通の事だからそれを跳ね返せなかった以上、実力不足と言う事にはなってしまう。

1週前にきっちり追っている分か最終はユッタリと。頭が上がり気味なのはいつも通りだし、若干フラつく所もそう。いつも通りの状態じゃないかな。

50点



シュテルングランツ

※水曜日時点で追い切り映像は無し

大井の東京記念1着。逃げを打って最後はトボり気味になりながらも凌ぎきった。大井ではこういう先に脚を使ってしまう勝ち方は多いよね。カツゲキキトキトを負かしているワケだから相応にやれるのかもしれないけど、低い意味での未知数と言う所じゃないかな。

センチュリオン

美浦 南W 良  水曜日  併せ 強め

5F68.0 4F52.9 3F38.9 1F13.3

白山大賞典2着。前がタレた上での2着なので評価しづらい。勝ち馬みたいに逃げて止まらずのハイパフォーマンスを見せていないとここでは厳しいんじゃないかな。

追って全然伸びなかったな。先着しようとはしていたと思うんだけど、僚馬に追いつけなかった。まぁ、マーチS勝った時も同じ感じで僚馬に普通に遅れていたし、こういう馬なんだろうな。確かにマーチS見ても早仕掛けだし、そういう競馬をすればサマになるだけの力は持っているのかも。

45点

タガノゴールド

※水曜日時点で追い切り映像は無し

園田の姫山菊花賞1着。レースレベルが完全に不明だけど、前で止まっていない2着馬を競り負かして勝っており見所のありそうなレースはしている。