アクセスランキング 【天皇賞秋2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【天皇賞秋2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

天皇賞秋2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




レイデオロ 1着

中団待機から33.6秒の上がりを繰り出し、前をまとめて交わしきっての勝利。展開のアヤで有力馬にマークされなかったのも幸いしている部分はあるかもだけど、スワーヴ、マカヒキが全力で挑んできても跳ね返していた可能性は十分にある。

今日はペースがG1のそれだったし、いつもより折り合いも楽そうにしていたね。

直線入って馬なり追走、あの辺りにいた馬の中では一番後にムチを使ってたし、マカヒキ、スワーヴは後方でもがいている状況だったからコレは勝つなと。

G1だったら距離はもっと伸びてもストレスないペースで運べるし、JC、有馬記念も出走してくれば当然楽しみ。




サングレーザー 2着

レイデオロのマークに成功し、1番上がりの33.4秒を繰り出すもレイデオロに引き離される形での敗北。勝負所でもレイデオロの反応について行けていなかったし、直線も馬なりゴーサイン待ちのレイデオロに対してかなり追って喰らいついていた。

かなりよく戦ったと思うけど、相手がそれ以上に上を行っていた感じだね。

2000mはこなせていたようだし評価は前進。

2着のこの馬がかなりシンドい競馬をしている様に見えてしまうあたり、レイデオロの今日の強さが垣間見られるね。負けはしたけど相手が本当に強かったと言う事じゃないかな。




キセキ 3着

前走同様前めの競馬を選択。前が残れるペースになったし上手くハマッた印象だよ。今回、ヤメる所も見せずよく頑張ったと思うけどな。

レイデオロが来た所でムチに応えて、再加速して反撃を試みている。脚力差で交わされてしまったけど、競って味のある所を見せたのは最近不振だったこの馬としては頼もしい収穫。

今回、まともにスタートを出てそのまま前に行けた事そのものが凄い進歩だと思うよ。毎回スタートの後のダッシュのつきが悪く、後方になりがちだったから戦術が限られていた。毎日王冠で無理くり行った分がここでも活きたのかな。

復調しつつありそう。JC、有馬記念でも見て見たいね。

マカヒキ 7着

位置取りが後ろ過ぎたと言う事になる。33.7秒と3番上がりを使っており十分に伸びているんだけど、前が止まらずにそれまで。

32.7秒を使わないと勝てない位置にいたワケだから、これではどうしようもなかった。直線内を突いた時点で相当切羽詰っていたのは伝わってきた。武騎手も「しまった」とは思っていたかも知れない。

タメの競馬は最初から狙っていた様だし、武騎手の判断を尊重するしかないね。

スワーヴリチャード 10着

ゲートで遅れ気味になった上にマカヒキに寄られてしまい最後方に。前が頑張ったレースになってしまい、後方にこの馬はマカヒキと同等に苦しかった。

ただ、道中上がって行ってポジションをリカバリして脚を使ったとは言え、直線残り200mの所で手応えを喪失していたから、まともでも少し厳しかったかも知れないな。

叩いての良化を期待じゃないかな。