アクセスランキング 【京王杯2歳ステークス2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【京王杯2歳ステークス2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】

京王杯2歳S2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




ファンタジスト 1着

内枠からインに留まってロスの無い競馬に。殆どの馬が抑えて運んでいたから上がり勝負になるなとは思ったけど、その通りだった。

直線はガラっと前が開いたからね。その辺は2着馬ともども展開が向いていたと思うよ。

2着馬に先に脚を使わせて、ゴール前でちょっと自馬を伸ばして制するのはさすが武騎手の達人技。直線序盤から無闇に追うようなジョッキーだと着は逆だっただろうね。最後まで脚を温存しているから一流騎手は勝負強いし、接戦になると中々崩せない。

インでスムーズな競馬をした分、馬の力量を評価するには限界がある気もするけど本番でも活躍は期待できそうだね。




アウィルアウェイ 2着

出負け気味から後方待機で直線勝負ってのは今までの競馬と同じパターンで、気性的に危うい部分は持っているのでどうしても他馬を避けたいのはあるんだろう。かなり掛かって進んだけど末脚は失っていないし、力があるのは確認できた。スタート直後接触があったし、それも気を乱れさせた原因にはなっていると思う。

直線は勝ち馬同様にほぼ自分のタイミングで仕掛けられたし力は出し尽くしていると思う。武騎手に制されてしまっているし着差以上の負けかな、とは感じた。二頭全力追いでクビの上げ下げとは違うからね。

良い脚は見せたけど、現状のテンションを考えると後方待機の極端な競馬はせざるを得ないと思う。強いけど展開には注文がつきそう。