アクセスランキング 【エリザベス女王杯2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【エリザベス女王杯2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

エリザベス女王杯2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




リスグラシュー 1着

序盤からノームコアとカンタービレを前に置いて落ち着いて進められた。変に進路変更したくなるような馬順ではなかったしその分折り合いに専念できて終い伸びたと言うのもあると思う。

4角の勝負所でコルコバードがバテて外に行けるスペースが出現。その前にいるのが目標となるノームコアだったからそりゃそこを突くよね。

追ってモタつく所、内にモタれる所は今回も出たけど、道中無駄な動きを一切していない分大きく弾けた。直線で馬場の良い所に居られたし、前が捌けていたのも大きいよね。

前走も強い走りだったけど、それが伊達では無かったと言う事だろう。

来春の牝馬戦線も楽しめそう。




クロコスミア 2着

序盤の出脚が非常に速く、殆ど追っ付けずに先頭に立てたのは大きい。4番のプリメラアスールがかなり追っ付けてハナに行けなかったのとは対象的だね。

これなら馬に無理はさせないし、ヒートアップさせる心配も少ないから手綱を持った所でスムーズにペースダウンでき折り合いを欠く可能性も低い。

直線は後続を待たず馬の頑張りに賭ける岩田騎手らしい穴勝ち狙いの攻めた騎乗。馬もその期待に応えて最後まで粘ったけど、リスグラシューの差し脚が見事だった。

逃げ馬だからこういう一発があるのは魅力だよね。




モズカッチャン 3着

近くで競馬をした馬には先着できたけど、前にいたクロコスミアと後方から一気に来たリスグラシューには敗北。序盤から積極的に出していって好位で折り合えたのは良かったし、直線を見ても脚勢そのものは特に蔭っていない。実力は出し切っていると思う。札幌記念から間隔が開いていた分、体が付いていかなかったのかも知れないね。

人馬とも特に悪い走りはしていないと思う。

レッドジェノヴァ 4着

インピッタリでモズカッチャン完全マークの腹を括った騎乗で良い積極策だったと思う。

4角~直線の隊列を見ても、前のプリメラがバテそうなのと、最内でクロコスミアが頑張っている以上、モズカッチャンが確実に馬一頭分以上外に出すと言うのはあったからね。ここまで読んでの騎乗はしていない(人間にそこまで出来ない)だろうけど、開くべくして開いた進路を一気に追って伸びてきた。

最後まで鋭さを失っていないし、良い走りをしていたと思うよ。

牝馬の重賞なら意図も簡単に勝てそう。

ノームコア  5着

堅実に回っての競馬だったから、実力は概ね出し切ったと思う。直線も大きく伸びる気配は無かったし、こんなモンじゃないかなと思う。

外枠だったから内に入れなかったのはあるけど、もっとインに入れて積極策で運ばないとG1では厳しいかもね。







コメント

  1. 匿名 より:

    ノームコアは外々まわしてるんだし、あんたの単勝予想してたモズカッチャンよりかは上だろ。調教見た上で大丈夫だと判断して買い目出してるんだろ?違うのかな?コンディション等を言い訳にするのは見苦しすぎる

    • arashi2400 より:

      予想と回顧は切り離して書いているので、言い訳ではない所はわかって欲しいです。
      例えば仮にリスグラシューやクロコスミア、ノームコアを中心にした予想を行っていても全く同じ内容の回顧をしていると思います。

  2. 匿名 より:

    クロコスミア 1点 これは謝罪するレベルではないですか?

  3. 匿名 より:

    反省しない人間に進歩はない。残念ながら、今後も低回収率が続くと思う。