アクセスランキング 【マイルチャンピオンシップ2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【マイルチャンピオンシップ2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

マイルCS2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




ステルヴィオ 1着

アルアインを前に置いて内の好位置。1枠1番だしここでハラを括ってタメに徹する。序盤ある程度推したけど、それくらいで掛かる馬ではないから脚も確り溜まった。この辺は気性的に難があって序盤から前に出せないペルシアンナイトとの差が出ていると思うよ。

ビュイック騎手の直線の捌きも上手かった。前を走っていたアルアインの川田騎手が右ムチだったからジッと機を待ってそこが開いてからは一気にムチを使って抜けて来た。

ペルシアンナイトよりも後にムチを使えたのは幸いしたね。経済コースを通って脚がたっぷり余っていたから一気に弾けた。

イン打ちが決まった所はあるけど、毎日王冠での末脚を見る限り堅実なコース取りをしてもG1で上位に来る力量はあると思う。次はどこを使うのかは分からないけど大阪杯やドバイでも楽しみ。




ペルシアンナイト 2着

ゲート内での駐立が怪しくソワソワしていた。元々掛かる馬出しゲート内でそういう気配を見せられるとやはり積極的には出して行けないだろう。ナリでの競馬になってステルヴィオの後方を追走するポジションに。

外から何頭か前に行っていてそれを意識したのか掛かる気配は出た。序盤から位置を取るために焚き付けて推していったら危険率が高かったかも知れないね。

直線はインで勝馬同様にひたすらタメて機を待って前が開いてから一気に追ったけど勝負のアヤで勝ち馬の方がタメの時間が長かった。

相手に脚が溜まっていた分、どいうしても届かなかった。鋭さはやはり一級品。走る方向に気持ちが行けばやはりこれくらいはやれてしまう馬と言う事だろう。




アルアイン 3着

前めで競馬をするこの馬らしい位置取り。クチを割ってはいたけど、いつもと違い鞍上が手綱を緊張させる事なく行けた。そういう意味で1600mは合っている気がしたけどな。

最後は止まってしまったけど、そこは実力だったと言う事じゃないかな。脚勢に力感が無くなっていたし、上位2頭に並ばれても前走時と違って差し返そうとする気配は見せなかった。パトロール見ると外にフラっとモタれる所もあったし脚が尽きていた感じはするよ。

マイルは今後も面白い気がするけどな。

能力は見せた。展開次第で再度G1上位も。

アエロリット 12着

序盤でスムーズにハナを切れず道中脚を使ってハナに行ったのが結果的に響いたか。直線の後退の仕方が脚勢を失った逃げ馬のそれだった。

それほど楽なペースでも無かっただろうし、今回は前で競馬をしたい馬も多く前走の様に簡単に行かせてはもらえなかった。G1で流れがキツくなるとこういう負け方もあると言う事だろう。

展開に注文はどうしても付くタイプだけどハマればかなりの馬。来年も期待出来ると思うよ。

モズアスコット  13着

直線、追い出しのタイミングでジュールポレールらが外に張り出して来てしまい前が壁になったのが響いた。内に進路を切り替えるもそこも大渋滞してしまい勝ち筋が見出せなかった。

ムチも勝敗が決したところで順位をこれ以上下げないようにするために使えた程度で、全くレースにならなかった。

最後まで馬群内で着順を上げるなり差を詰めるなりしているから、かなり脚は余していた感じ。前が塞がらなければかなり追い込んで来たかも知れないね。

負けはしたけど悲観要素はほぼない。この後もこの路線で十分主役級だと思うよ。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    アエロリットの回顧については、他の読者の意見を聞いてみたいね。

  2. 匿名 より:

    アエロリットはスローで引きつけるよりは、ハイペースで離して逃げる競馬があってると思うんですよね。
    にしても序盤でハナ叩けなかったのが痛すぎでした。また来年期待ですね。

  3. 即身仏 より:

    アエロリットに関しては、ムーア騎手の騎乗ミスというか判断ミスでしょう。スタートはまともに出たんだから構えずに果敢にペースを上げる競馬をしてたら分からなかったと思う。