アクセスランキング 【ジャパンカップ2018】最終追い切り所見  2/3  サトノダイヤモンド、スワーヴリチャード等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【ジャパンカップ2018】最終追い切り所見  2/3  サトノダイヤモンド、スワーヴリチャード等 元馬術選手のコラム【競馬】

サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、スワーヴリチャード、ノーブルマーズ、ハッピーグリン

ジャパンカップ2018の追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ




サトノダイヤモンド

栗東 CW 良 水曜日  併せ 強め

4F53.2 3F37.8 1F11.4

京都大賞典1着。シュヴァルグランを好位でマークするも同馬が不発だったために直線早めに先頭に立ったけど、ここであまりヤメる気配を出さないのがこの馬のエラい所。全盛期とまでは行かない感じだったけ強い走りを見せてくれた。ここでも通用する目はあるハズだよ。

以前追い切りで見られたハミをグイーっと引っ張っていくような自然で柔らかい感触の加速があれば良かったんだけど、最近はそういう気配がなくハミをガツっと取って緊張気味に速度を上げておりテンションがちょっと以前に比べて変な方向に行っている。レース数を経て口元が固くなったかな。加速、操作性、どうも全盛期ほどではない感じなんだよな。

45点




シュヴァルグラン

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 強め

4F54.0 3F38.6  2F25.2  1F12.8 

京都大賞典4着。以前と違って最近はハミを感で道中を進む。まぁ気にする程でもないんだろうけど。4角で手応えが怪しくなって伸びなかった。どうも「追い切り悪いと来ない説」がある馬なんだよなぁ。2戦目で良化しているケースも多いし警戒は必要だと思う。

馬場の良い状態、併せ、強めでこの時計?悪すぎるだろ。54.0秒でもかなり追われて最後は苦しかった(というか思ったような速度が出せていない)感じで凄く悪く見た。

「追い切り悪いと来ない説」に基づいて今回は切るよ。

2点




スワーヴリチャード

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

6F85.4 5F68.4 4F53.2 3F39.2 1F12.7

天皇賞秋10着。ゲートで遅れ気味になった上にマカヒキに寄られてしまい最後方に。前が頑張ったレースになってしまい、後方にこの馬はマカヒキと同等に苦しかった。

ただ、道中上がって行ってポジションをリカバリして脚を使ったとは言え、直線残り200mの所で手応えを喪失していたから、まともでも少し厳しかったかも知れないな。一度使ってどこまで戻しているか。

追い切りは久々の長距離を意識してか僚馬の後ろで折り合いを重視。簡単に折り合えていた感じだし、僚馬の外に出してからも軽やかなステップで前に出ていったし、良く見えるよ。意図通りの追い切りが出来ていそうだし、再度期待。

89点

ノーブルマーズ

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 一杯

4F54.2 3F39.7  2F25.8  1F12.8 

アルゼンチン共和国杯9着。別に悪い位置取りではなくむしろ好位でかなりスムーズに進めたけど直線いきなり失速して9着敗退。併走馬を気にしたのかな。

本気めの一杯追いで54.2-12.8では遅い。脚勢はかなりマジだったし全力に近い出力が出ていた様子でこれだから…。悪く見えるよ。

6点

ハッピーグリン

門別 坂路  良 水曜日  単 一杯

3F35.7  2F23.4  1F12.0 

富士S11着。上がりの競馬で最後方から追い込んで着を上げているけど、ガリバルディやらデンコウアンジュやらに先着しただけではここでは全く話にならない。

時計は門別の坂路だから速いんだか遅いんだかは分からないけど、脚勢は100%マジだった。負荷を最大限に賭けておりここもただの脇役で終るつもりはないみたい。仕上がりにはぬかりが無さそう。

レース振りで評価点がほぼなく、積極的な追い切りを加味しても点数は24点