アクセスランキング 【ターコイズステークス2018】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【ターコイズステークス2018】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

アンコールプリュ、カイザーバル、カワキタエンカ、キョウワゼノビア、ディメンシオン、デンコウアンジュ

ターコイズS2018の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アンコールプリュ

栗東 坂路  やや重 水曜日  単 強め

4F54.8 3F40.0  2F25.1    1F12.3

信越S13着。タメても伸びてこない馬でOPや重賞では能力的に厳しい。

時計が緩いワリにちょっと気が急いていてストライドも縮こまっているね。敢えて検討する必要はなさそう。

3点

カイザーバル

栗東 坂路  やや重 水曜日  併せ 強め

4F54.0 3F38.5  2F24.8    1F12.5

渡月橋S1着。条件戦を牡馬相手に連勝。タメて気持ちよく伸びてきており、このメンバーでも行けそうと思えるだけの走りはしている。スタートが少し遅いのが気掛かり。

54秒の割りに忙しそうに登って来た。余力はそこまで感じないし、どうか。追い切りはちょっと能力的にどうかと思う動きをしていた。

38点




カワキタエンカ

栗東 坂路  やや重 水曜日  単 馬なり

4F59.1 3F43.1  2F27.8    1F13.7

JBCLクラシック16着。逃げてどこまで粘れるかと言う馬。初ダートも相俟って惨敗したけど単騎でリズムを作れれば府中牝馬S(6着)の様に直線終いまで見せ場を作れる馬。カタにハマるかどうかだね。

抑える調教ではあったけど、馬の落ち着きが見られず直前の雰囲気としては今ひとつ。折り合いは欠く前提でのレースになるかもね。

40点




キョウワゼノビア

栗東 坂路  やや重 水曜日   併せ 強め

4F52.7 3F38.1  2F24.5    1F12.7

府中牝馬S11着。前で一杯になり坂で失速。この走りだと厳しいと言わざるを得ない。スタートが速いのだけが武器。超がつくスローペースになれば或るいは。

時計は伸びているし、終いも止まっていない。ストライドを拡げてゆったりと速度を出せておりよく見える。出来は良いんじゃないかな。

64点

ディメンシオン

栗東 坂路  やや重 水曜日  単 馬なり

4F53.8 3F39.2  2F25.2   1F12.5

トルマリンS1着。牝馬限定とは言え500万下~1600万下と3連勝。連対率も7/9と成績も安定している。2走前の1000万下では後でローズSで5着に来たウラヌスチャームに(相手の追い遅れがあったとは言え)、接戦勝ちしていたり、前走は最後流していたりと能力を感じる内容。

馬場状態が良い中とは言え、54-39-25-12.5を馬なりでスムーズに刻めるのなら思ったとおりの動きと言う事だろう。乗り易そうな雰囲気を受ける馬で良い競馬が期待できそう。面白いかも。

79点

デンコウアンジュ

栗東 CW やや重  水曜日  単 一杯

6F80.4 5F66.6 4F53.0 3F39.5 1F13.0

キャピタルS6着。32秒~33秒台が連発する上がりの競馬になってしまい、後方で出番なし。前が壁になってしまい300mから懸命に追うも、早仕掛けがセオリーのヨーイドン競馬では完全な追い遅れ。タメて一気の脚は十分信用出来るから前進があってもおかしくはない。右回りは内にモタれるのでそれがどうでるか。

時計を出したワリに終いは追わなかった。止まっているワケではない事には注意。あまりこういう追い切りはしない馬だけどね。雰囲気は落ち着いていそうだから悪くはないと思うよ。

50点