アクセスランキング 【有馬記念2018】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【有馬記念2018】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

ミッキースワロー、ミッキーロケット、モズカッチャン、リッジマン、レイデオロ

有馬記念2018の追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ




ミッキースワロー

美浦 南W 良  水曜日  併せ 強め

6F83.8 5F68.1 4F52.8 3F39.0 1F12.8

ジャパンカップ5着。周囲を気にする馬で密集した馬群内だと伸びない。前走みたいに外を通って真価を発揮する馬。余計な事は考えずに馬5頭分だろうが7頭分だろうが大外回して来た方が良い戦績になると思う。

並ぶ所で僅かに頭が上がるんで、やはり他馬を警戒する所はある。ただ、それはそれこそいつもの事だし今更気にする事ではない。一追いで一気に伸びれており、馬っぷりがよくない場合が多いこの馬としては今までで一番動けているし伸びている。

極端な戦術になると思うけど、ハマれば一撃もありそうな動き。警戒を。

84点




ミッキーロケット

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 一杯

4F50.8 3F37.4  2F24.7    1F12.5

天皇賞秋5着。エンジンのかかりが遅い馬で3~4角で動けないと直線満足に伸びて来れない。上がりのかかる消耗戦の方になれば面白いと思う。秋2戦目だし、ズブさがある分上積みは大きいハズ。

追い切りは目一杯。ズブい馬だから何度もこの仕上げで動かせるようにしてレースに臨んできた。今回の様に坂の終わりで最後にもう一伸びする事はあまり無かったし、良さそう。脚の使い所さえマッチすれば。

77点




モズカッチャン

栗東 坂路  良 水曜日  単 馬なり

4F54.8 3F40.2  2F25.7    1F12.6

エリザベス女王杯3着。近くで競馬をした馬には先着できたけど、前にいたクロコスミアと後方から一気に来たリスグラシューには敗北。序盤から積極的に出していって好位で折り合えたのは良かったし、直線を見ても脚勢そのものは特に蔭っていない。実力は出し切っていると思う。札幌記念から間隔が開いていた分、体が付いていかなかったのかも。

54.8秒にしては脚が急いていて時計が全体的に遅い。仮にもうコンマ2~3秒速くても微妙な手応えに見えたはずで、これはどうか。思ったより動いてくれていないな。

23点

リッジマン

栗東 CW やや重  水曜日  単 馬なり

4F53.5 3F38.4 1F12.3

ステイヤーズS1着。過去2走を見ても早仕掛けの粘り合いで相手を制する典型的なステイヤーだと思うし、ここはどうか。有馬記念はあまり3角で勝負は始まる事がなく、決め手比べになりやすいから・・・。

四肢だけで走って決め手の無さそうな走りをするな。馬場の良い時間に結構追っても手応えほど時計は縮んでいないし、やはり長距離馬と言う感じ。見送りで良いかも。ここが舞台の馬じゃない。

14点

レイデオロ

美浦 南W 良  水曜日  併せ 馬なり

5F68.8 4F52.7 3F39.2 1F13.0

天皇賞秋1着。中団待機から33.6秒の上がりを繰り出し、前をまとめて交わしきっての勝利。直線入って馬なり追走、あの辺りにいた馬の中では一番後にムチを使っており必勝の手応えだった。

折り合いに難しい所があり、変なペースになると能力を出し切れない懸念はある。500mの延長はプラスと思わないよ。

今回は掛かりそうな気配が結構でていた。折り合いをつける調教と言う感じだったね。ハミをかなり嚙んでいたし、比較的落ち着いていた前走に比べればどうしても落ちて見えてしまう。2500m、どうなるか。正直、大きく評価出来るほどのうごきでは無い。

68点