アクセスランキング 【日経新春杯2019】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【日経新春杯2019】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

アイトーン、アフリカンゴールド、ウインテンダネス、エーティーサンダー、ガンコ、グローリーヴェイズ

日経新春杯2019の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アイトーン

栗東 坂路  やや重 木曜日  単 一杯

4F53.4 3F39.1  2F25.5    1F12.5

菊花賞16着。出ムチを使ってでも逃げに出たいくらい馬群がダメな馬で菊花賞ではハナに行けず番手になりグダグダな運びになってしまいそれまで。2週目3角で手応えが終っていた。ここも警戒はまったく不要。

53.4秒とそれなりの負荷の中で最後は一杯に追われて手応えに見合って伸びている。順調そうだね。レース運びが壊滅的に下手なので強くは見れないけど、どうか。

14点




アフリカンゴールド

栗東 CW やや重  水曜日  併せ 一杯

6F83.0 5F67.0 4F52.5 3F39.0 1F12.8

菊花賞12着。条件戦を余裕残しで勝ち上がってきた馬で、能力的に評価出来る。菊花賞は内に入れず外をずっと通っていたワリには直線入口まで粘っており、見所は感じさせてくれた。

一杯に追って5F67.0秒と遅い。最後は止まってしまい僚馬から落伍したのは悪い印象。

5点




ウインテンダネス

栗東 CW やや重  水曜日  単 馬なり

6F85.6 5F69.2 4F53.9 3F39.9 1F12.1

ジャパンカップ8着。ハイペーズバテしてしまい直線後退。バテた馬が下位着順を埋めたレースだったから評価が何ともし難い。前にいたのが幸いして8着に残れた(後方がかなりバテていた)部分もあるし。スローの逃げなら、圏内もあるかも。

1F14秒から終いだけ時計を出すスタイル。整える程度で留められたのはむしろ良いと思う。あくせくして最終でも一杯でというよりは全然良い。時計が緩かったので何とも見映えが分からないけど、仕上がっていると「推測」。

54点

エーティーサンダー

栗東 坂路  やや重 水曜日  単 一杯

4F52.4 3F37.9  2F24.3    1F12.1

小倉記念6着。スローなレースで上手く前めにつけられたけど、終いのペースアップについて行けず敗北。キレ脚を見せてこない馬だし、前でどこまで粘れるかじゃないかな。

降雪のため映像がよく見えない。脚勢は時計に見合って忙しそうだったけど、登坂最後の方はそんなに息も乱れてなさそう。良いかも知れないな。

60点

ガンコ

栗東 坂路  やや重 木曜日  単 馬なり

4F54.5 3F39.1  2F24.8    1F12.0

ジャパンカップ12着。この馬もハイペースバテな感じ。まぁ、G1で無くとも好位から伸びて来てはいないし、ここも程ほどの評価で良いかも。

終いだけシュッと伸ばす形。反応は良さそうだったし一応動けている。正直、能力的にあまり評価していないから、この程度の時計でも幾らか急いた雰囲気を出してもおかしくないと思ったけど、楽そうに走り終えたね。

51点

グローリーヴェイズ

美浦 南W やや重  水曜日  併せ 強め

4F55.2 3F39.6 1F12.8

菊花賞5着。上がり33.9秒はフィエールマンらと並んで最速タイ。菊花賞以外でも末脚がキレる事は条件戦で何度も見せている。菊花賞も大外枠ゆえに後方の競馬になったけど、内で前めにつけて運べていたらもしかしたら勝っていたのでは?と思えるほど良い脚を使っていた。ここは天皇賞に向けて注目したいね。

馬がキチンと自分から動けている水準まで仕上げられている。追いが入ってからピリっとして来ないのは前走と同じなので気にしなくて良いと判断。レースでは何度も末脚を見せてくれているしそれを信頼。決め切れるだけの脚は持っている。賞金が絶対に欲しいクチだし、勝ちに来てくれるだろう。

86点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする