アクセスランキング 【日経新春杯2019】最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【日経新春杯2019】最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】

ケントオー、サラス、ジュベルミエール、ダッシングブレイズ、ノーブルマーズ、マサハヤドリーム

日経新春杯2019の追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ




ケントオー

栗東 坂路  やや重 水曜日  単 一杯

4F52.0 3F38.4  2F25.5   1F12.9

チャレンジカップ9着。後方待機から伸びず。確かにやや上がりの勝負になったけど、それでも脚をタメた以上もう少し前に食ってかかる脚を使えなかったものか。あまり力量は感じなかったな。

降雪のため映像がよく見えない。ただ、52.0秒とすっ飛ばしたとは言え、ムチが入った瞬間脚が止まったのはどうかな。ちょっと苦しかったのかも。

21点




サラス

※追い切り映像は無し

オリオンS3着。折り合ってスムーズに運ぶも直線追ってピリッとしないのは以前から。ここもどこまで入ってくるかな。

ジュベルミエール

美浦 坂路  良 水曜日  単 強め

4F52.9 3F38.9  2F24.8   1F12.1

オリオンS1着。若干折り合いに不安な気配がある。モマれたり当たりの強い競馬になるとテンションが乱れるかも?直線先頭で、2着のアルメリアブルームの狙い撃ちを凌ぎきった点は評価。

速めの時計でも尚、肩ムチ一発で終いを伸ばしたのは好感。手綱が結構緊張しており折り合いはやはりどうかと思う所はある。2400mで満足の行く戦績は残しているので自滅はしないと思うけど、折り合った方が終いが更に使えそうと思うのも確か。まずまず。

68点




ダッシングブレイズ

栗東 CW やや重  水曜日  併せ 馬なり

6F84.9 5F68.9 4F53.7 3F39.4 1F12.0

チャレンジカップ11着。序盤挟まれた所で後方になった上に掛かってしまった。時々爆発力のある脚を見せてくれる時もあるので、全くの無視は出来ないかも。

雪で脚元を気にしたのか、四肢だけで走ってしまい幾らか緊張した感じは出ていた。これはレースで少しくらいは影響するかもな。今までは四肢だけの走りの馬ではなかったと思ったから負荷をかけるにはもう一つとは感じた。

45点

ノーブルマーズ

栗東 CW やや重  水曜日  併せ 一杯

4F53.6 3F38.4 1F11.6

ジャパンカップ13着。大外から果敢に前に行ってあのハイペースに巻き込まれると重賞好走レベルのこの馬にはキツい。メンバーが大幅に軽くなるここで活路を。好位は取れるから、力は出してくるはず。

どうだろう。正直馬なりの僚馬に途中まで手応えで見劣っていたけどな。一杯に追った分時計は出たけど、追ってからスピードに乗るまで時間が掛かっている。ムチを実際に体に当てていた様に見えたし、それがこの馬の追ってからのズブさを物語っていると思う(普通、追い切り時のムチは寸止めで、体に当てる事はあまりない)。

34点

マサハヤドリーム

栗東 坂路  やや重 水曜日  単 馬なり

4F55.8 3F39.6  2F25.2   1F12.7

中日新聞杯7着。後方下げから直線でイン突きを試みるも前が壁になってしまい、外に出している間に追い遅れ。イン突きのリスクに呑まれてしまった感じ。脚勢から考えて上手く捌けていれば3着には来てそうな感じだったから侮れないよ。出遅れも度々ある馬なので、そこも注意。

降雪のため映像がよく見えない。ただ、ストライドがかなり縮こまっていてピッチ気味になっており、ムチを振られても伸びはイマイチ。よくは見えないな。

7点