アクセスランキング 【日経新春杯2019】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【日経新春杯2019】最終追い切り所見  3/3  元馬術選手のコラム【競馬】

ミライヘノツバサ、ムイトオブリガード、メイショウテッコン、ルックトゥワイス、ロードヴァンドール

日経新春杯2019の追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ



ミライヘノツバサ

※追い切り映像は無し

アンドロメダS6着。外枠から好位に行こうと焚き付けた結果なのか、馬が終始掛かってしまっており脚を消耗していた印象。普段は折り合いがついている場合が多いから仕切りなおして前進を。



ムイトオブリガード

栗東 CW やや重  水曜日  併せ 一杯

6F81.1 5F65.7 4F51.2 3F37.7 1F12.3

アルゼンチン共和国杯2着。上がりの競馬で後方から頑張って伸びてきた。条件戦でも差し脚の利く所を見せているし、ここも食い込みはあり得るかも。折り合いに心配が無さそうなのも心強い。

手前を替えるのが遅かった。右手前多様の馬なのかな、右回りはもしかしたらパフォが落ちるかも。それ以外は一杯である事を加味しても楽に好時計を出しているしよく見えるよ。ムチもそんなにビシビシは振られていないし、それで伸びているなら。

75点



メイショウテッコン

栗東 CW やや重  木曜日  単 馬なり

4F54.7 3F40.0 1F12.4

菊花賞14着。前でしぶとい脚は使える馬。ブリンカーを着けているので、馬群に入れたりは本来良くないんだろう。菊花賞は4角でバテてそれまで。短縮でどこまで前進してくるか。

馬なり4F54.7。時計は普通だけど追われなくてもハミを取れており、リラックスしている分ストライドは開いている。後肢がもっと入る余地はありそうだけど、動きはスッキリしていて良く見える。

70点

ルックトゥワイス

栗東 坂路  やや重 水曜日  単 馬なり

4F55.4 3F39.8  2F25.6    1F12.8

グレイトフルS1着。随所で各馬が推していくようなハイペースでもバテずに手応えを残して直線離して勝利。ア共和国杯は上がり勝負で後方で出番ナシになったものなので度外視。この馬は重賞でも面白い。

降雪のため映像がよく見えない。最後若干追いが入ったけど、意外に伸びていないな。上がりは毎回速いから脚が遅いと言う事はないと思うんだけど・・・。初めて追い切りを見る馬だけど、思った程の動きではなかった。

55点。レース振りから期待はしてみたい。

ロードヴァンドール

栗東 坂路  やや重 水曜日  併せ 一杯

4F53.8 3F39.1  2F25.8    1F13.2

チャレンジカップ12着。後方からの競馬を試したけど、後方のままサッパリ。やはり実績のある逃げ戦術の方が強いか。こういう大幅なチェンジを図って来る馬って大体限界に来ている馬が多い気がするけど、どうか。

降雪でもこれだけ鞍上が忙しそうにしていれば手応えは分かる。目一杯に追って4F53.8秒止まりでは遅すぎるよ。オープン馬なら馬なりで出せないと話にならない時計。これはさすがにどうか。

1点。逃げに戻そうにも前走控えているのが確実にビハインドになると思うし。