アクセスランキング 【東海ステークス2019】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【東海ステークス2019】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

アスカノロマン、アポロケンタッキー、アンジュデジール、インティ、カゼノコ、クインズサターン

東海S2019の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アスカノロマン

※追い切り映像は無し。

チャンピオンズカップ10着。前のインでこの馬の競馬が出来た。一杯に追って最後は脚勢で劣っていたけど、この馬なりに走った結果だと思う。一時期ほどは手応えの悪さを感じなくなって来ている。幾らかでも前進を。




アポロケンタッキー

※追い切り映像は無し。

東京大賞典10着。外から出して行ったが前半脚を使いすぎたか終い失速。この馬は往時程のパワーを感じなくなっている。570㎏に達する超巨漢馬で、やはり御し辛いか。

アンジュデジール

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 強め

4F53.2 3F38.0  2F25.2   1F13.1

チャンピオンズカップ4着。内枠からスムーズな逃げに持ち込み、最後まで頑張っての4着。紅一点よく走ったと思う。2走続けて同じ戦法で味を出しているし、ここは自信とイメージを持った競馬が出来るハズ。メンバーもかなり軽いし、内枠なら馬券内のチャンスはあると思う。一着となると一頭強いのがいるから、どうか。

ジョッキー騎乗でかなり走らせているけど、時計が遅い上に終いも止まっている。ただ、追い切りではよく見せないタイプではあるからレース振りの方を正とした方が良いかも。

レース振りを評価しての76点





インティ

栗東 坂路  良 水曜日  単 しまい強め

4F51.9 3F37.8  2F24.6   1F12.3

観月橋S1着。他馬を圧倒する大楽勝で条件戦を5連勝、2着につけた差は合計30馬身、注目は当然。本気を出さずに1600万下まで勝って来ており、このメンバー相手ならまた楽勝してしまってもおかしくない。スタートが速く、折り合いも良くスキを感じない。

正面からのビジョンになる坂路でも後肢の踏み込みが深いのが分かるくらい、後肢が動いている。その分、楽に速い時計が出せているし当然重心が低い(というか重心が低いからストライドが伸びる)。しまい強め程度の追い切りで51秒台を出してくる様では、ここでは本命を打つとしか言い無いよ。

100点

カゼノコ

美浦 南W 良  水曜日  併せ 馬なり

6F89.3 5F71.8 4F55.3 3F40.1 1F12.3

ペテルギウスS6着。スタートが遅い上にダッシュまで遅く、最後方は必至の馬。ただ、終盤だけ競馬をして掲示板付近まで着を上げて来ており、終いはかなりのものを持っている。万一まともに出れば、穴も?ただ、そう簡単にスムーズに出て行ける馬かどうか。中京は合っているハズ。

馬なりでで終いだけシュッと。動きやフォームに乱れはないし悪くはないかな。これだけ時計が緩いと余力がある分で馬が動いてくるので映像がよく見えてしまっている点には注意。

49点

クインズサターン ※出走回避の見込み

栗東 CW 良  木曜日  併せ 馬なり

6F88.8 5F71.4 4F55.0 3F39.7 1F12.4

師走S3着。スタートは出るけどもタメの競馬が続いた分か、馬自身の行き脚がピリッとせず。末脚はかなりのものを持っているから、前が崩れさえすれば雪崩込みは十分期待出来る。展開に注文が付く馬だけど能力は認めて良いものを持っている。

カゼノコとの追い切り。馬なりで楽に終らせていたから追い切りという感じではないな。カゼノコにスンナリ先を譲っていたし最初から相手を務めるだけだったみたい。