アクセスランキング 【きさらぎ賞2019】最終追い切り所見  1/2  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【きさらぎ賞2019】最終追い切り所見  1/2  元馬術選手のコラム【競馬】

アガラス、ヴァンドギャルド、エングレーバー、コパノマーティン、サンアップルトン、タガノディアマンテ

きさらぎ賞2019の追い切りについて所見を述べていきます 1/2 by アラシ



アガラス

美浦 南W 良 水曜日 併せ 強め

5F68.8   4F54.1    3F40.2 1F12.6

東スポ2歳S2着。直線で前を捌くのに苦労して、前が開いてからは鋭く伸びてきたけど、追い出した時には既に遅し。ニシノデイジーを捉え切れずの惜敗。普通に開いていればこの馬が勝っていたと思うし、ここも期待して良いんじゃないかな。

加速させている僚馬に馬なりで楽そうに併入。馬体が重なってしまって見えない部分が多いけど、この時計でも手応えにシンドさは感じないし、問題なさそう。

80点



ヴァンドギャルド

栗東 坂路  良 水曜日  単 馬なり

4F53.9  3F38.5   2F24.8   1F12.4

ホープフルS6着。前が開かずに不利を受けながらの6着だし、内容は全然悪くない。キチンと捌けていれば2着までは有り得たと思う。少しだけ折り合いが心配かな。

ホープフルSの時は追い切りでかなり追われて伸びない、ズブい雰囲気を出していたけど、今回は馬なりで狙った時計を楽に出していた。54.0秒がよい意味で若干速くなっているものだと思うし、手応えは好感。前回追い切りはやや重でノメッた感じだった。良馬場の方が相対的に恩恵は大きそう。

78点



エングレーバー

栗東 P 良 水曜日 併せ 馬なり

6F87.7 5F70.8 4F55.1 3F40.3 1F11.5

500万下1着。ロスの無い所からスムーズに抜け出しての勝利。ただ、加速がもう一つと言った所で重賞で勝ち切れるかと言われると疑問。折り合いはつくし崩れないレースは出来そう。

ポリトラックの5F70.8秒でも行きたがらないし、折り合いはやはり良さそう。最後伸びはしたけど、ポリトラックでの緩時計だから、そこは何とも。

67点

コパノマーティン

※追い切り映像は無し

はこべら賞7着。4角で手応えが怪しくなるレースが続いており、ここもどうか。

サンアップルトン

※追い切り映像は無し

未勝利戦1着。余裕は無い一杯の勝ち方。かなり物見がちな馬でクビ使いが硬くストライドが伸びない。少頭数はプラスにかなり働くだろうけど、それだけでどこまで。

タガノディアマンテ

栗東 CW 良 水曜日 併せ 終い強め

6F84.5 5F67.7 4F52.5 3F38.5 1F12.2

エリカ賞3着。逃げた勝ち馬は最後止まり気味だったけど、この馬も止まってしまい交わせなかった。インでロスの無い競馬でこの脚力だとどうかな。

ジョッキー騎乗の終い強く追うで5F67.7秒だとちと見劣る。この位の時計は馬なりで出さないと重賞ではもう一つ足りないだろうな。

34点