アクセスランキング 【京都記念2019】最終追い切り所見  2/2  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【京都記念2019】最終追い切り所見  2/2  元馬術選手のコラム【競馬】

ダッシングブレイズ、ノーブルマーズ、パフォーマプロミス、ハートレー、ブラックバゴ、マカヒキ

京都記念2019の追い切りについて所見を述べていきます 1/2 by アラシ




ダッシングブレイズ

※水曜日時点で追い切り映像は無し

日経新春杯8着。後方でタメて直線は京都外回りの利を活かしてスムーズにインを突いて追う事が出来た。それでも追い上げ切れないとなるとどうかな。ノーブルマーズ同様100点満点の競馬をしていたと思うけど・・・。




ノーブルマーズ

栗東 坂路  やや重 水曜日  単 馬なり 

4F54.0  3F39.5   2F25.4   1F12.5

日経新春杯4着。中団で抜群と言っても過言でないくらいの折り合いをつけて体力を温存。直線スムーズに追えて大きく伸びてきたけど、それでも4着まで。100点満点の競馬をしてもここまでだと、引き続き強く見れないな。

追い切りは時計を抑えたとは言え、馬がハミを強く取って自発的に坂を勢い良く登れており好感度◎。前走の追い切り時にはあまり駆けていなかった事を考えるとここは面白いかも。

前進を期待。

80点




パフォーマプロミス

栗東 CW やや重 水曜日 単 強め

6F83.5 5F67.0 4F52.1 3F37.9 1F12.4

有馬記念14着。馬が間違えたパターンか、スタート直後のコーナー進入から行きたがり始めて終始折り合いを欠いて残り500m付近でもう手一杯。元来折り合いはつく馬だから反撃は十分あると思う。

前走、掛かってしまったのがイカンかったのか、追い切りでも鞍上が手綱を絞る場面を何箇所か見せるなど、この馬にしては珍しく折り合い面で心配な所が出てきている。動きすぎなくらい動いてしまっており、道中の温存が十分に利くかどうか。壊滅的に掛かるという雰囲気ではないけど、少し割引きたいね。

59点

ハートレー

美浦 南W やや重 水曜日 併せ 強め

6F83.6 5F67.7 4F52.7 3F38.4 1F13.1

ディセンバーS5着。堅実なコース取りをしたとは言え、直線バテ気味で苦しそうだった。ムチへの反応も返せない状況だったみたいだし、どうかなとは思った。

インを回して僚馬より距離を走っていないのに、追ってからの手応えは良くて五分五分、ちょっと見劣るかなと言うくらい。インを回ったならあれだけ追えばもっと伸びてくれないと信頼しづらい。

18点

ブラックバゴ

美浦 南W やや重 水曜日 単 一杯

4F51.0 3F37.5 1F12.6

中山金杯10着。スタートがかなり下手なので後方競馬は覚悟。いつも最後は直線で着を上げているからもしも五分に出れば大きく前進して来るとは思うけど・・・。

頭が今まで見た事ないくらいに上がっていて、追われてからが当然グンッと行く感じにならない。ムチを振られても反応をあまり返せていないしどうかな。それとかなり掛かる気配も出ていた。まぁ折り合い云々は後ろでジっとしていましょうの馬だからあまりレースに影響ないかもだけど。

5点

マカヒキ

栗東 P 良 水曜日 単 馬なり

6F89.4 5F72.6 4F56.7 3F41.4 1F12.7

有馬記念10着。終始インをピッタリ回ったけど、4角の手応えが既に悪く、直線も脚が上がり気味。馬場状態もあったと思うけど、いずれにせよ不甲斐ないレースにはなってしまった。

1週前追い切りは馬なりで5F66.1秒(但し内側を回る)を叩き出しているので、最終は調整程度か。十分仕上がっているからこその選択だろう。ポリで5F72.6秒でも行きたがる所を全く見せず鞍上の指示に従うし、それでもいつでも動けるようハミは確り咥えている。相変わらずフットワークは整っているし、本当によく見えるんだよなぁ。

メンバーがメンバーだし、何とか復活を。逆にこの相手で遅れを取る様では今後かなり厳しいだろう。

90点