アクセスランキング 【フェブラリーステークス2019】最終追い切り所見  1/3 インティ、オメガパフューム等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【フェブラリーステークス2019】最終追い切り所見  1/3 インティ、オメガパフューム等 元馬術選手のコラム【競馬】

アンジュデジール、インティ、ヴェンジェンス、オメガパフューム、クインズサターン

フェブラリーS2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アンジュデジール

※水曜日時点で追い切り映像は無し

東海S12着。逃げに立てず番手で進めた。ただ別に他馬を気にしていた素振りも無かったし、馬群でも問題なく運んでいた様には見えた。牡馬混じりだとやはり展開が大きく向かないと上位は厳しいか。

インティ

栗東 坂路  良 水曜日  単 馬なり 

4F53.0  3F39.0   2F25.0   1F12.1

東海S1着。内枠から楽に先手に行けて、他馬もあまり競りかけて来ずスムーズな競馬が出来たと言う点には留意すべきだろう。ただ、今回も逃げ拘りの馬は少ないし実力は出せそう。ハナでなくても良さそうだし、外枠からでも勝機は失せないと思う。心配されていた左回りも思ったよりは全然手前を替えているしあまり気にならない。直線であれだけ余力を見せる馬もそうはいないから、当然ここも大注目。

鞍上が拳を動かさない完全な馬なりで、これだけの時計を楽々計時してきた。14-14-13-12の狙ったピッチを馬なりで出せているのだから、陣営としても納得の仕上がりだろう。正確なピッチは折り合いを完全につけないと刻めないから、そういう意味でも安心材料になる。

ここも強い走りを期待。

100点




ヴェンジェンス

※水曜日時点で追い切り映像は無し

すばるS9着。各馬推して推してのハイペース展開になり、ハナを主張しまくったこの馬は直線早々に余力を喪失。G1の舞台となるとごく普通の逃げ馬と言う位置付けになるかも。

オメガパフューム

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 馬なり 

4F52.4  3F38.0   2F24.7   1F12.4

東京大賞典1着。中団から良い脚を使って伸びてくる。秋口までは左でも右でも手前を替えるタイミングが遅く、その分伸び始めるのが他馬に比べてワンテンポ遅かった。ただ、チャンピオンズカップ、東京大賞典は勝負所の動きから直線の手前替えまで至ってスムーズで良化を感じさせてきている。

併せて競る所があまり出なかったけど、元々気迫が表に出るタイプでもないからここは気にしない。鞍上は残り200mで左ムチを入れて手前を替えさせようとしていた様子だけど、終始左手前で変わらず。これが本番でどう出るか。手前が替わらなければ伸びない馬だからね・・・。

69点




クインズサターン

栗東 坂路  良 水曜日  併せ   馬なり 

4F52.9  3F39.0   2F25.3   1F12.4

根岸S3着。1枠を活かして最内をピッタリ回る競馬。直線でも前が壁になる事もなく存分に追えたし、力は出し切った。これ以上の前進は見込めないとは思うけど末脚を持っている馬である程度の着順ならば。

馬なりだったけど、脚勢はかなり本気で結構馬が出力を出して走っていた感じ。それでインティとほぼ同タイムだと当然やはり見劣る。この馬なりに順調なんだろうけど、力量がここではどうか。

70点