アクセスランキング 【弥生賞2019】最終追い切り所見  1/2 等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【弥生賞2019】最終追い切り所見  1/2 等 元馬術選手のコラム【競馬】

ヴァンケドミンゴ、カントル、クリノガウディー、サトノラディウス、シュヴァルツリーゼ、ナイママ

弥生賞2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/2 by アラシ




ヴァンケドミンゴ

栗東 CW 良  水曜日  併せ 終い一杯

6F85.9 5F68.2 4F53.0 3F38.8 1F12.1

葉牡丹賞7着。イン突きの積極策に出るも、直線前が開かずそれなりに脚を余したような負け方だったし、スムーズなら前進もあるかも。ゲートの出が立ち上がり気味だったり、折り合うまでちょっと時間が掛かるのも気になったけど、大きく影響はないハズ。

フットワークに力感がなく追われてからもバラっとしがち。手先だけで小ぢんまりして走るし、あまりよくは見えないな。

12点




カントル

栗東 CW 良  水曜日  併せ 馬なり

6F83.9 5F68.0 4F52.6 3F38.9 1F12.1

セントポーリア賞1着。中団でややセカついて運んでいたけど、直線は余力残しで相手を制して勝利。前の馬に馬なりで併せつつムチ数発で手堅く勝てたし、良さそうなレースをしていた。

ゆったりしたフットワークで速い時計を出せているのは好感度◎。併せて伸びる気配も前走レース時同様出ているし、それでも鞍上の指示を待てているのも良い。手応えがあるから少し追うだけで即座に伸びる。これはかなり良さそうに見えたよ。

94点




クリノガウディー

※回避を表明

朝日杯FS2着。折り合い面の不安は強い馬で2000mでメドが立つかどうか。末が伸びる馬だし、折り合いの程度に応じて出せる能力が大きく変わりそう。距離をこなせれば上位はまず確実。

サトノラディウス

美浦 南W 良  水曜日  併せ 馬なり

5F69.5 4F53.9 3F38.9 1F12.5

梅花賞1着。全般レース下手で、重賞級の動きには見えない。コーナーも逆手前が出て(それ自体は阪神外回りでは結構いる)、減速して後方に置かれ気味になってしまったし、直線も武騎手がムチで馬をアオり続けてようやく走るなど、競走馬としてもう一つ。

追い切りは15.5-15-13.5?-13.0?-12.5と狙ったラップを馬なりで踏めているので悪くはないハズ。手前を替えるのが遅かったけど気にならない範囲。レース振りが非常~に微妙で馬っぷりが悪いけど、少なくとも追い切りからはそれを感じ取れないな。

49点

シュヴァルツリーゼ

美浦 南W 良  水曜日  併せ 馬なり

5F69.8 4F54.0 3F39.6 1F13.6

新馬戦1着。ヘッドをかなり高く上げて慌てながら走ってしまったのはどうか。あれから3ヶ月以上経っているし、馬も物怖じしにくく成長しているかもだけど、ああいう不安定な運びをする馬だと様子見したくなるね。

追い切りでも僚馬をかなり警戒してしまって大きく頭を上げてしまっており、ストライドが伸びて来ない。かなり悪く見えるよ。前走りより神経質なのでは???

3点

ナイママ

※追い切り映像は無し

共同通信杯7着。この馬の持ち味であるマクりを繰り出して4角で3番手、そこから直線序盤は粘り気を見せるもあのメンバー相手ではそこまで。これ以上の走りは期待出来ないかも。スローになれば。