アクセスランキング 【チューリップ賞2019】最終追い切り所見  1/3 等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【チューリップ賞2019】最終追い切り所見  1/3 等 元馬術選手のコラム【競馬】

アフランシール、オーパキャマラード、ココフィーユ、サムシングジャスト、シェーングランツ、シゲルピンクダイヤ

チューリップ賞2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アフランシール

栗東 CW 良  水曜日  併せ 一杯

6F81.4 5F65.8 4F50.7 3F37.7 1F12.0

つわぶき賞1着。中団から堅実に回ってある程度ロスを被ったけど、直線は途中まで持ったままの必勝の手応えで制した。最後は詰められたけど、2着馬も最後方からかなりの脚を使っていたので、むしろ凌げた事を評価すべき。良さそうな馬に見えるよ。

ちょっと掛かって時計が速くなってしまっている上に、四肢と頚の連動が取れていない。そのせいか若干ノメったりしてバランスもよくないみたいで伸びが今一つ。レースでは良さそうに見えたけど、追い切りの馬っぷりはそんなでもない。

57点




オーパキャマラード

※追い切り映像は無し

エルフィンS4着。外からかなりスムーズにハナに出て、道中も絡まれる事なくほぼ理想的な運びだった。これで終い交わされたとなると実力負けだね。2、3着馬は今回も戦う相手。スローに落ちないと厳しいかも。




ココフィーユ

※追い切り映像は無し

春菜賞1着。スタートはともかくダッシュはまずまずで前めに無理なく付けられる。ここ2戦、あがりの競馬で展開に恵まれていて実力の程は半信半疑な所がある。

サムシングジャスト

栗東 CW 良  水曜日  併せ 馬なり

5F67.5 4F52.1 3F38.4 1F12.8

アルテミスS6着(但し14番人気からであり善戦)。スタート後に出して行ってしまうとかなりかかるので、前走みたいにゲートを出たらひたすら手控えて直線の競馬に賭けるのが良いだろう。あれで6着まで上げているんだから、ハマる戦術はそれだと思う。

この追い切りを見る限り、今回も確実に掛かる。直線入ってからは馬なりで、結構追った僚馬を制しているし、脚伸びは良いと思う。

折り合い一つ。

59点

シェーングランツ

美浦 南W 良  水曜日  併せ 強め

5F69.6 4F53.6 3F38.7 1F12.5

阪神JF4着。出遅れ続きの馬だったけど、前走で初めてまともにスタートが切れた。今回も五分に出られれば本番に向けて大きな武器になる。直線、インで捌けず追い遅れたけど最後は前に詰めて掛かっておりやはり能力は感じさせる。

前半抑えて結構前に僚馬二頭と言う陣列。今回も追い込む気満々だね。最後は併入すら出来ていない離れで終了だけど、1F12.5秒は出せているし、何よりもストライドが大きく取れていて全く問題なし。これで先着したいなら12.2秒は出さないと行けないからそりゃ難しい。

80点。但し出遅れ警戒。

シゲルピンクダイヤ

栗東 坂路  良 水曜日  単 一杯

4F52.3 3F37.9  2F24.0  1F12.1 

未勝利戦1着。馬群でもリラックスした雰囲気を醸し出して走れており、レースはしやすいのかな、と思う馬。直線も馬の間を苦もなく抜け出せているし、メンタル的な面では信頼出来るものがある。前走はこの馬以外は一杯気味の直線だったので、レベルに疑問符はつく。

終い浅くなりながらも、4F52.3秒をこの手応えでのぼり切れるのなら。レース振りは凄く良いし、後は追ってどれだけ伸ばせる馬か。魅力は感じるね。

69点