アクセスランキング 【チューリップ賞2019】最終追い切り所見  2/3 等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【チューリップ賞2019】最終追い切り所見  2/3 等 元馬術選手のコラム【競馬】

シャドウディーヴァ、タニノミッション、ダノンファンタジー、ドナウデルタ、ノーブルスコア

チューリップ賞2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ




シャドウディーヴァ

※追い切り映像は無し

フリージア賞3着。上がりの勝負で前が止まらず、捉え切れなかった。展開にハネられての3着だし、五分の流れであれば勝ち負けだったハズ。ハミを嚙むけど折り合いはそこまで欠いていない。スタートは若干遅いね。未勝利戦では狭い所を臆せず突破していて、強引な競馬が出来るのは心強い。良さそうな馬だよね。




タニノミッション

※追い切り映像は無し

白梅賞5着。先手を取って押し切りに行くも直線伸び切れず。道中少し掛かった分かな。それと追っても重心が下がらずストライドの伸びが不十分なので決め手に期待しにくい。




ダノンファンタジー

栗東 CW 良  水曜日  併せ 一杯

4F48.0 3F35.6 1F11.8

阪神JF1着。C.デムーロ騎手が堅実なコース取りを選択し、外外のロスを被る位置取りをしても圧巻の差し切り勝ち。一番この馬が強いという自信アリの騎乗だったんじゃないかな。掛かる気配がかなり強い馬なので、トライアルと言う特性もあって序盤は出していかず折り合いに徹すると思う。JFは前が崩れた事も考えると、もし今回前残りになれば取りこぼしも?

4F48.0秒と尋常じゃない時計を出し来ている(5F-4F間に18秒かけたとしても5F66秒フラットになるペース)。脚運びのマジっぷりからして計時間違いでは絶対ない。これだけ動かせばそりゃレースで動くだろう、と思う。

どうして最終でこれだけの負荷を掛ける必要があるほど調整が遅れたのか、ちょっと気になるね。1週前も終い1F11.7秒を出させたハズなんだが。

65点

ドナウデルタ

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 一杯

4F51.7 3F37.4  2F24.0  1F11.9 

シンザン記念9着。イン突きを試みるも前が壁壁壁で、まともに追える所がなく敗退。ムチを使わなくても直線で前を追走出来ていたのは良いと思う。全くの不完全燃焼だから、巻き返しに期待出来ると思う。道中の折り合いも良い部類だし、穴で一考には十分値する。

前走同様、猛然と坂を登り切った。前走時と比べて特によくなったとは思わないけど、少なくとも同水準の動きはしている。前走不発だった分がどれだけだったか。妙味はあると思う。

70点

ノーブルスコア

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 強め

4F53.6 3F38.7  2F25.1  1F12.5 

エルフィンS3着。道中インを通ってロスなく回り直線でインを突くも前が開かずやや追い遅れ。追ってからは結構伸びていてスムーズなら2着はあったかもと言う内容。前進幅は少しだけだけどありそう。

併せて競る所がないし、その分頚の低伸がイマイチでバラッとした脚勢で走る。あまり良く見えない。

45点