アクセスランキング 【金鯱賞2019】最終追い切り所見  1/3 等 元馬術選手のコラム【競馬】

【金鯱賞2019】最終追い切り所見  1/3 等 元馬術選手のコラム【競馬】

アルアイン、エアウィンザー、ギベオン、サトノワルキューレ

金鯱賞2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アルアイン

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 一杯

4F51.4    3F38.0  2F24.7  1F12.3 

マイルCS3着。1600m戦で初めて手綱を緊張させる事なく道中行けた。マイルは合っていると言う印象は受けた。最後脚は止まってしまっていて実力は出し切ったのかな、と言う印象。2000mは若干嚙むけど、守備範囲内だとは思う。

二週続けての一杯追いで動かしに来ている。1週前一杯、最終も一杯となるともっと動かしたいという気持ちも陣営にはあったんだろう。1週前で仕上がっていれば最終は普通、馬なりで十分になるハズ。馬場が良い分、走っているけど僚馬と競った感じにはなっていないのがどうか。時計的にそれどころではないのは分かるけど。

65点




エアウィンザー

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

6F89.6 5F72.0 4F55.4 3F40.4 1F12.0

チャレンジカップ1着。前に馬を置かなくても折り合いがバッチリつくから、終いで十分な脚が使える。反応でが素直というか乗り易そうな馬で豪快さはないがスマートで崩れにくい。

1週前に5F68.5とそれなりに追った分か、ここはサッと流す程度。シュッとした感じの馬で本数や負荷は要らない感じだし、これで十分及第点なんだろう。併せて自分から動けているし、動きは優等生らしく好感が持てる。

80点




ギベオン

栗東 CW 良 水曜日  併せ 一杯

6F80.0 5F64.7 4F50.5 3F37.3 1F12.1

中日新聞杯1着。早め先頭でソラを使うもショウナンバッハに並ばれて再加速。決して上手いレースにはなっていない中で伸びて勝っていて能力を感じる勝ち方。もっとタメて一気の競馬をしていれば更に上の勝ち方をしていたハズ。折り合いに不安はややある。

僚馬が脱落寸前の6F80.0秒であまり止まらず駆け抜けているのは好感。最後は肩ムチが入って浅くなりかけたけど、この時計ならご愛嬌だろう。頚もゆったり低伸びていてストライドも広く取れそう。

84点

クリノヤマトノオー

※水曜日現在追い切り映像はなし

サンタクロースS1着。上がりの掛かる展開で上手くタメが利いたのが大きかったかも。前走の感じだと折り合いに心配は無さそうだし、力は出してくるかも。メンバーとの力関係だけだね。どこまで通用するか。

サトノワルキューレ

※水曜日現在追い切り映像はなし

ローズS5着。直線、インを突くも大渋滞に巻き込まれて中々捌けず。最後追ってからはかなり伸びて来ており能力上位を感じさせる走りはしていた。スタートは遅い場合も多く、後方からの競馬になる事を考慮に入れて検討すべき。