アクセスランキング 【金鯱賞2019】最終追い切り所見  2/3 等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【金鯱賞2019】最終追い切り所見  2/3 等 元馬術選手のコラム【競馬】

ショウナンバッハ、スズカデヴィアス、タニノフランケル、ダノンプレミアム、ペルシアンナイト

金鯱賞2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ




ショウナンバッハ

※水曜日現在追い切り映像はなし

AJCC7着。上がりは毎回それなりのものを使っているので、前が止まる等して展開が向けば。今は折り合いもつくし必ずしも後方で行く必要もないと思う。先手で変わり身とかないかな。




スズカデヴィアス

※水曜日現在追い切り映像はなし

毎日王冠8着。中団からまずまずの脚が使える。毎日王冠は3番上がりを使うも上がりの競馬で後方にいたのが響いて順位を上げられず。決め手はある馬だし、ここも決してノーチャンスではない。

タニノフランケル

栗東 坂路  良 水曜日  単 馬なり

4F54.6   3F39.9  2F25.2  1F12.3 

小倉大賞典2着。あまりキレる脚は使わないんだけど、ロングスパートは利く。押し切れる相手ならいざ知らずだけど、今回はG1級も顔を揃えてくる。この馬の脚でどこまで通用するか。

レース間隔も詰まっているし、これくらいで良いんだと思う。時計が54.5-40.0-25.0-12.5を狙ったと思うけど、結構ブレた。歩幅が大きい馬だと時計を合わせにくいからそういう所もあるのかも。まず悪くはないと思う。

55点




ダノンプレミアム

栗東 CW 良 水曜日  単 終い強め

6F86.9 5F69.4 4F53.5 3F38.2 1F11.3

日本ダービー6着。内枠から先手2番手を取れて、良い展開に持ち込めたけど、4角でワグネリアン福永騎手に閉じ込められて直線抜け出せず不完全燃焼。破格の能力をみせつけて来た馬。2000mは適距離だと思うし、存在感あるレースを。

5F69.4-1F11.3はダービーの時と同じ。ただ、あの時はゆったりしたフットワークで楽にこの時計を叩きだしていた。今回は終い結構追ったしその分見劣りする。口元が硬くて頚が使えないのは以前からそうなので気にしない。良いとは思うけど、この馬としてはもう一つじゃないかな。

72点

ペルシアンナイト

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

6F83.4 5F67.7 4F53.1 3F39.3 1F11.9

日本での直近走はマイルCS2着。折り合いに心配のある馬でゲート内でチャカついた気配を出したせいもあってか、道中鞍上も積極的には促せず。後方タメになって終いも良い脚を使ったけど、先手のステルヴィオには及ばなかった。脚は間違いなくキレるが、折り合いが悪く道中位置が取れない。

いつも通り掛かりそうな気配で回ってきた。普段はすぐに手前を替えるのに今回は手前を全く替えなかった。それと休み明けはとにかく掛かる馬なので、それがどうか。過去、休養明けはことごとく圏外に飛んだし、イメージは良くないね。ポジションも出たなりで折り合い重視になるだろう。

60点