アクセスランキング 【スプリングS2019】最終追い切り所見  3/3 等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【スプリングS2019】最終追い切り所見  3/3 等 元馬術選手のコラム【競馬】

ファンタジスト、フィデオグリーン、ユニコーンライオン、リーガルメイン、リバーシブルレーン、ロジャーバローズ

スプリングステークス2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ




ファンタジスト

栗東 坂路  やや重 水曜日  単 一杯

4F50.1   3F36.9  2F24.2  1F12.1

朝日杯FS4着。中団で上手く折り合って運べたけど、4角で内からアオられて怯んだせいか脚勢が蔭ってしまっていた。直線、どうも内に行こうとしてしまっていた。物見の激しい馬だから観客席を毛嫌いした可能性はあると思う。さすがの武騎手も真っ直ぐ走らせるのが精一杯で脚を存分に使わせて上げられなかった。精神的に成長して一皮向けていれば飛躍も?

1800m戦の追い切りとしては珍しいくらいの時計を出してきた(4F50秒台を1800m戦の追い切りで出してくる馬はダンビュライトくらい)。

最後まで止まっていないし、遅れたタイミングだけど手前も替えている。悪くはないね。距離や精神面でどうかという部分のある馬だから地力は認めるも不安要素はある。まずまずと言った評価が妥当だと個人的には思う。

60点




フィデオグリーン

美浦 南P 良 水曜日  併せ 馬なり

5F65.8 4F50.1 3F36.8 1F12.5

水仙賞9着。4角手一杯。それ以前の過去走は見ていないけど、勝ち上がりに5戦を要しているし、イメージ論になるけどやはりパッとしない馬かなと思う。

ポリトラックで時計が遅いと思う馬も珍しい。結構脚を動かしていたけど、一蹴りの進みが悪いのか他馬がポリで追った時に比べて脚勢に比しての伸びが悪い。これでは検討できない。

1点




ユニコーンライオン

※追い切り映像は無し

つばき賞2着。ワールドプレミアに綺麗に差し切られて、相手が強かったにはなるかもだけど、手応え一杯で簡単に競り落とされ過ぎだと思った。前が崩れ気味だったのもあっただろうから、スローでなら前進はあるかも。

リーガルメイン

※追い切り映像は無し

京成杯5着。出遅れて最後方→大外ブン回して5着。よく戦ったと思うけど最後止まっているのは確か。あの競馬で最後まで伸び続けていれば「強い!!」と思えるけど途中止まりだと「強いかも?」になってしまうな。出遅れは前回だけなのでとりあえずここは気にしない。

リバーシブルレーン

美浦 坂路  良 水曜日  併せ 馬なり

4F54.4   3F39.9  2F26.1  1F12.9

ベゴニア賞3着。上位2頭は強かったと思う。ムーア騎手が絶好のタイミングまでタメて一気に追ったけど、勝ち馬に後ろから交わされ、2着馬に前でギリ凌がれてしまった。上がり勝負だったから、ペースが違えばまた違う持ち味が活きるかも。悪い馬とは思わないよ。

何があったか分からないけど、スピードが上がらず僚馬に離された。僚馬の位置からすると少なくとも53.5秒近くは狙っていたと思うけど・・・。良くは見えないけど映像部分に入る前に何があったかによって評価が変わってしまう。と言うのも、そんなにシンドそうに見えなかったし四肢もまとまっていて雰囲気そのものは悪くなかったから。

50点

ロジャーバローズ

栗東 坂路  やや重 水曜日  併せ 馬なり

4F53.5   3F38.7  2F24.5  1F12.2

福寿草1着。前に行ってもバテないと言うか、苦しそうな素振りを見せずに勝っている。あんまり気迫を出して来ているとは感じない、淡白な雰囲気で走る馬。掴みどころが今一つなく、何気なく強い印象は持つ。

この手の馬らしくシンドそうには見えず時計も良いのに、併せて競っていない。並ばれて接戦になると譲ってしまいそうなタイプに見えるよ。今回実力伯仲の相手だと思うからそこは心もとないかもな。

48点