アクセスランキング 【大阪杯2019】最終追い切り所見  1/3 キセキ、エポカドーロ等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【大阪杯2019】最終追い切り所見  1/3 キセキ、エポカドーロ等 元馬術選手のコラム【競馬】

アルアイン、エアウィンザー、エポカドーロ、キセキ、サングレーザー

大阪杯2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アルアイン

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 強め

4F52.0  3F37.9  2F24.6  1F12.0

金鯱賞5着。他有力馬に比べて一週通じて少しコースロスがあったのは多少の考慮が必要か。ただ、実力が大きく減殺されるほどのロスではなかったし、あのメンバーの中に入るとこの辺りが実力なのかも。同距離、メンバー大幅強化の今回は相当展開がハマらないと厳しいかも。

馬場の良い時間に併せで強めで追えば、この馬ならこれ位の時計は普通に出せる。そこはいつも通りで加点にはならない。右前脚が何でかモタついていたのが結構気になったな。スピード乗りもこの馬にしてはやや不足のような?

72点




エアウィンザー

栗東 CW 良 水曜日  併せ 強め

6F85.8 5F69.4 4F53.9 3F38.8 1F11.4

金鯱賞3着。優等生で先手をスンナリ取って折り合い、終いもその分で強めの脚が使える。決め脚がG1級とまでは感じないが、どうか。前走では1番人気に支持されるも武騎手がインコースに誘導して挑戦者の競馬に徹した。実力優位ではない、と判断しての事だと思うし、実際追ってもダノンプレミアムに離された。

5F69.4と緩いワリには動きにお釣りがない。肩ムチが入ってもシュッとして来なかったし、いつもほどは動いていない。普段は自分から動いてくる馬だけど、今回は終い11.4秒はあったにせよ走らされている部分があった。

68点




エポカドーロ

※水曜日時点で追い切り映像は無し

中山記念5着。外枠から少し出負け気味になり、1角までに結構焚き付けた。序盤体力使った分か終いで伸び切れなかった。脚はそれ程のものは持っていないので、4角の位置取りも後ろになっていたかも。前でどこまで粘れるかだね。

キセキ

栗東 CW 良 水曜日  単 馬なり

5F68.2 4F53.1 3F39.0 1F11.7

有馬記念5着。逃げ馬としては圧倒的に不利な外枠から致命的とも言える出遅れ。そこから一気にハナをダッシュしてかなり消耗の激しい競馬になったが5着まで耐えた。まともなら数段違った走りが出来たハズで、ここも期待は十分出来る。

この馬は毎回追い切りの雰囲気が変化するので掴みづらい。そうは言っても頚が使えず四肢になりがちなのと、ハミを嚙んでる時の方が多いという共通点はあるけども。一応、多少掛かった雰囲気でも気分良く行かせれば持ってくれるし、まず大丈夫なんじゃないかな。

79点

サングレーザー

栗東 坂路  良 水曜日  単 馬なり

4F58.7  3F42.5  2F27.2  1F12.7

香港カップ4着。日本での直近走は天皇賞秋2着。スッとスタートを切ってレイデオロをマーク。凄く良い位置で競馬をしたけどレイデオロに実力の差を見せ付けられて敗北。相手が強すぎた感はあって2着でも十分立派な走りだったと思う。

浅見厩舎は土・日曜日に時計を出して水曜日は軽いので、時計の緩さは厩舎方針。終いは自分から登りに行っているし、出来は心配要らないだろう。掛かる気配も無かった。

82点