アクセスランキング 【阪神牝馬ステークス2019】最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【阪神牝馬ステークス2019】最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

ラッキーライラック、リバティハイツ、レッツゴードンキ、レッドオルガ、ワントゥワン

阪神牝馬S2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ



ラッキーライラック

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 一杯

4F51.5 3F37.0  2F24.0  1F12.1 

中山記念2着。果敢に出して行った分か逆に気分よく折り合えた。4角では後続を待たず早仕掛けの特攻を敢行するも終いは流石に浅くなり2着惜敗。結果的にもう少しタメて動けばと言う所もあったし、堅実に運べばここも実力上位のはず。折り合いが怪しく崩れやすいのが心配。

時計は申し分ないけど、やはり折り合いに難しさは感じる。追われてから鋭く伸びて僚馬を狙い通りに併入まで持ち込んでいるし、仕上がりは陣営の思惑通りなんだろう。

「無難に運べれば」恐らく勝ち負けしてくれるハズ。

86点




リバティハイツ

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 強め

4F53.4 3F38.8  2F25.2  1F12.2 

京都牝馬S9着。後ろで前が捌けずやや追い遅れた。ちょっと脚を余して入線した様に見えるし、幾らかでも前進を。

結構急かしているが動きにお釣りがなくシンドそう。このメンバーではやはり見劣りはするね。

13点




レッツゴードンキ

※追い切り映像はなし

高松宮記念6着。最近は一時より「緩さ」が出てきている感じがしていて高松宮記念もやや忙しそうに動いていた。1600mのへの延長は今のこの馬には合っているかも。直線イン突きで前が開かず追い遅れたけど、開いてからは確り伸びている。坂の途中から追ってあれだけ伸びればここでは決め手上位。

レッドオルガ

栗東 坂路  良 水曜日  単 馬なり

4F55.4 3F40.1  2F25.5  1F12.4 

東京新聞杯2着。スタートはやや遅い時が多い。ヘッドが高くバラッとしたフォームでスパートするけど、それでも或る程度伸びてくるのであまり気にしない方が良い。前走、追い切りでもそのフォームは顕著だったね。前走上がり33.6秒を使ったにしてはモタっとした雰囲気になるというか。

馬なりで馬場も一番良い時に追っているせいか、この追い切りではフォームに崩れはなく精悍な雰囲気で登り切れている。追ってバラっとはしてくるんだろうけど、追い切りから感じる雰囲気はあまり悪くないね。

51点

ワントゥワン

※追い切り映像はなし

京都牝馬S6着。スタート直後に挟まれて後方に置かれたのが全てだろう。最後は最速33.8秒と使っているし、度外視で問題ない。元々気のよい馬で脚はタメ易い。ここも十分上位だと思うよ。