アクセスランキング 【青葉賞2019】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【青葉賞2019】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

セントウル、タイセイモナーク、ディバインフォース、トーセンカンビーナ、バラックパリンカ

青葉賞2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ




セントウル

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 強め

4F52.0  3F38.0  2F24.8  1F12.4

毎日杯12着。最後方にいて直線も手応えを喪失して全く伸びずだった。評価出来そうな所は全く無い。

馬場一番乗りで追いきっていて時計が出やすい所には注意。もっと楽な手応えでこの時計が計時出来れば良いんだけど、終いはやや緩んでいた。ただ、思いっきり減速したワケでは無いし、悪すぎはしなそう。

29点




タイセイモナーク

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 一杯

4F54.7  3F38.8  2F25.1  1F12.5

ゆきやなぎ賞1着。楽な手応えで抜け出して後続を突き放しているし、あのレースでは能力が違っていたと見て良いと思う。2400mは全く心配なし。あとはG2のペースで終いに体力を残せるかだね。

馬場状態のかなり良い時間に一杯に追ってムチも振るって54.7秒。僚馬にもアッサリ競り落とされてしまったし、何よりもムチへの反応がなく悪く見える。今までこういう風に見えた馬で故障していた馬が何頭かいたけど、この馬もそう見えてしまったクチ。大丈夫か。

1点




ディバインフォース

※追い切り映像は無し

未勝利戦1着。2400mのレースだったけど、時計が2分32秒1と非常に遅くネガティヴな印象しか受けない。体が棒キレみたいで見映えがせず、フットワークに力感を感じないのがマジにどうか。

トーセンカンビーナ

美浦 南W 良 水曜日 併せ 強め

6F85.6 5F68.5 4F54.0 3F39.9 1F12.2

アルメリア賞2着。ゲートの駐立がとにかく悪く、典型的な出遅れ馬。前回みたに大きく出遅れるのも不思議でないくらいゲート内の振る舞いが悪い。末は持っているから直線で或る程度巻き返せる。まともに出れば大幅前進してくる可能性もあるし、ゲートのタイミングがかみ合えば。

馬なりでこれだけ走ればと言う内容。苦しそうな気配も追われる所も一切なく馬がきままに走ってこの時計なら普通に速い。追えば当然もっと伸びただろうし、かなり良く見えた。後はスタートでどれだけ出遅れを抑えられるかだろう。

89点

バラックパリンカ

※追い切り映像は無し

山吹賞3着。インを突いてロス無く運んだけど、4角で手応えがやや微妙に。内が悪かった分もあるだろうけど一杯に追って前を詰められなかった。これ以上の走りが出来るかどうか。