アクセスランキング 【青葉賞2019】最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【青葉賞2019】最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

ピンシェル、ピースワンバラディ、マコトジュズマル、ランフォザローゼス、リオンリオン

青葉賞2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ




ピンシェル

美浦 坂路  重 木曜日  併せ 強め

4F53.4 3F38.6   2F25.4 1F12.6

2400mの未勝利戦1着。余力を感じる内容での勝利。折り合いはつくし2400mはやはり心配ない。時計も2分27秒台とそこそこ良いし多少やれるかも。

追い切りも併せて自分から競っているし、時計もそこまで悪くない。スピード不足な感じはあるけど小確りして好いた感じの馬だよ。

68点




ピースワンバラディ

美浦 南W 良 水曜日 併せ 強め

4F53.7 3F38.7 1F13.1

Fウォーク賞1着。結構な程度で出遅れはしたけど、新馬戦ではまともに出たし、前走もゲート内での駐立自体は良かった。まともに出てもおかしくないと思うよ。終いでかなり脚を使える馬だからスタートを五分に決めて折り合って運べれば十分勝機アリと思う。

折り合いを欠いて手綱を絞られながら周ってきた。この時計で抑えが利かないようだと2400mに全く不安なしとは言い難い。ただ、レースでは普通に運べているから当日の状態次第かも。

キレ脚に見所はあるし、注目したい。

69点




マコトジュズマル

※追い切り映像は無し

山吹賞2着。早めに動いた事で後ろでマークしていた勝ち馬に最終的にはカモられる結果になった。どういう脚質の馬なのかは分からないけど、戦法から見て決め手に欠く所はある馬なのかもね。

ランフォザローゼス

美浦 南W 良 水曜日 併せ 馬なり

4F55.0 3F39.9 1F13.1

京成杯2着。先手は取れるけど、葉牡丹賞・京成杯とジリっぽい所を見せて伸び切れていないと感じる所がある。決め手に不足感は感じるし、善戦はあっても勝ち切るとなるとどうか。

藤沢厩舎らしい最終追い切りで55.0-40.0-13.0秒のサッとすませる内容。折り合いつけて頚の低伸もリラックスした感じだったし、状態で変に気負う所はなさそう。よく見えるよ。

78点

リオンリオン

栗東 CW 良 水曜日 単 強め

6F82.2 5F66.3 4F52.2 3F39.4 1F13.0

大寒桜賞1着。逃げ切りの勝利で2走前も出遅れから前に行った所を見ると、逃げなきゃダメなタイプっぽい(ただ、前走の感じではそういう所は正直感じなかった)。ペースがハマって34秒台前半を使えたのが大きいと思うし、大きく評価は出来ない。

他馬のいない時間にやっていたし、やはり兼ね合いは気にするんだろう。これだけの時計をそこまで苦労せずに出しているし、フットワークに蔭りもなく最後まで走れている。よく見えるよ。

スムーズに先手を取ってスローに落とせれば。絡まれるとマズいかもしれないよ。

69点