アクセスランキング 【ヴィクトリアマイル2019】最終追い切り所見  3/3 ミッキーチャーム、ラッキーライラック等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【ヴィクトリアマイル2019】最終追い切り所見  3/3 ミッキーチャーム、ラッキーライラック等 元馬術選手のコラム【競馬】

ミエノサクシード、ミッキーチャーム、メイショウオワラ、ラッキーライラック、レッツゴードンキ、レッドオルガ、ワントゥワン

ヴィクトリアマイル2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ




ミエノサクシード

栗東 CW  良 水曜日  単 馬なり

6F86.1 5F68.6 4F52.7  3F38.0 1F12.3

阪神牝馬S3着。全ての馬が33秒台~32秒台の脚を使う究極の上がり競馬で前めにいられたのがとにかく大きい。体力のごまかしが利くレースだったから度外視すべきで今までこの馬の走りから考えて大幅前進は正直考え難い。

馬場状態が良い状態で時計も緩めなので映像部分は良く見えてしまう点に注意。ただ、かなりリラックスしていて筋肉が弛緩している(=緊張していない)分、関節が大きく柔らかく動いている感じで動きは上々。この馬なりに順調と言うヤツじゃないかな。

89点




ミッキーチャーム

栗東 坂路  良 水曜日  単 馬なり

4F55.4 3F40.4   2F25.7 1F12.6

阪神牝馬S1着。全ての馬が33秒台~32秒台の脚を使う究極の上がり競馬で前めにいられたのがこの馬も大きい。掛かる馬だから単騎で行ければ。アエロリットとの兼ね合いがどうなるか。

ハミと若干やりあってはいたけど、この馬の掛かり具合を考えればこれでも上等な方。時計は掛かったけど馬場はぼこぼこだったし気にしない。

71点




メイショウオワラ

栗東 CW  良 水曜日  併せ 強め

6F81.6 5F66.6 4F52.2  3F38.2 1F11.9

マイラーズカップ8着。あのメンバーのレースとしてはスローでの競馬になったハズだけど、この馬は直線で早々と後退。能力的にやはり荷が重かった。

コーナーで真中ら辺を回ったので若干時計が速くなったと思うけど、いずれにせよ結構な時計を追えばもっと伸びそうな手応えで走りきったの思いの他で立派。いつもがどんなだかは分からない(どういうワケかこの馬の追い切り映像はカットされている場合が多い)けど、まず初見で見る分には良く見えるよ。

80点

ラッキーライラック

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 一杯

4F50.7 3F37.1   2F24.3 1F12.3

阪神牝馬S8着。全ての馬が33秒台~32秒台の脚を使う究極の上がり競馬で中団にいたのが響いた。それに加えて直線全然進路が開かなかったし、謎に馬がインに拘ってしまいスムーズに外に出せず。中山記念では強い競馬を見せているし、特殊な展開の前走は度外視で再度期待。

二週続けて僚馬を完膚なきまでにバテさせての一杯追い。中山記念の追い切りが重だった分もあるけど、前回と比較しても尋常じゃないほど馬が動いている。折り合い面の心配は引き続き感じるがこの動きなら十分なら勝ち負け。自滅の危険性はあるから全幅の信頼とは行かないけど、まともに運べれば。

97点

レッツゴードンキ

栗東 坂路  良 水曜日  単 強め

4F53.2 3F37.8   2F24.4 1F12.1

高松宮記念6着。直線インを突くも狭い所を強引に割ろうとして却って失速。それでも最後まで前との差は詰めていたし、能力は高い。3歳の時と違って今は完全に折り合いはつくから1600mは全く不安は無い。ただ、この半年くらいで加齢のせいか動きに緩慢さが見えている気がする部分がある。

単走でもかなりの気勢で登って来た。これだと折り合いが心配・・・と言いたい所だけどこの馬が掛かっているのはここ数年見ていないので心配にはならない。動きのキレだけを素直に評価すれば良いんじゃないかな。良い状態だと思うよ。

89点

レッドオルガ

栗東 坂路  良 水曜日  単 馬なり

4F54.7 3F38.9   2F24.9 1F12.4

阪神牝馬S7着。全ての馬が33秒台~32秒台の脚を使う究極の上がり競馬で中団から最後は頑張って伸びていて、大した脚力だと思った。スタートは毎回遅いので後方からになる覚悟は必要。四肢だけで走る馬だけど決め手らしい決め手を持っている。

1週前に併せて重い所を見せていて、ここは一杯に来るかと思ったら軽くで済ませた。仕上がっているのかな・・・。陣営に考え有っての事だと思うけど、個人的に率直な所を言わせて貰うと、もう一つな感は感じてしまうよ。

29点

ワントゥワン

栗東 P  良 水曜日  併せ 一杯

5F66.8 4F51.4 3F37.3 1F11.9

阪神牝馬S14着。全ての馬が33秒台~32秒台の脚を使う究極の上がり競馬で最後方で完全に出番無し。スタートが悪い馬ではなかったけど、控える競馬を続けたせいかテンで行かなくなっている。タメて一気の馬だし展開さえハマれば。脚はG1でも十分通用。気性も良く、崩れにくいよ。

ポリトラックで走り易いとは言え、手綱を引っ張られながら掛かり気味に回ってきた。今までの追い切りではそういう所は全く見せなかったのに意外だったね。ムチも振られていたけど、反応をロクに返して折らず、馬が殆ど動けていない。いつも良く見せる馬だけど、どうしたか。今まで見た中では一番悪く見えた。どうか。

2点