アクセスランキング 【日本ダービー2019】1週前追い切り所見  2/3 サートゥルナーリア、ダノンキングリー等 元馬術選手のコラム【競馬】

【日本ダービー2019】1週前追い切り所見  2/3 サートゥルナーリア、ダノンキングリー等 元馬術選手のコラム【競馬】

サートゥルナーリア、シュヴァルツリーゼ、タガノディアマンテ、ダノンキングリー、ダノンチェイサー、ナイママ

日本ダービー2019の1週前追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ



サートゥルナーリア

栗東 CW  良 水曜日  併せ 終い強め

6F87.0 5F70.1 4F53.5  3F38.6 1F11.4

皐月賞1着。スタート直後からインに入る事が出来ず一周まるまるロスを被る大味な競馬になった。それでも「これで勝てなかったら仕方が無い」レベルの騎乗をした2、3着馬をねじ伏せる末脚を繰り出しての勝利で、あのメンバーでもレベルそのものが違った内容だった。折り合い面には不安が少しあるし2400mに前進要素はあまりなさそう。多少渋い展開でも勝ててしまうだけの実力はある。久しぶりの2冠馬誕生の可能性は十分に感じるよ。

87.0-70.0-53.5-38.5-11.5と狙ったラップではあったけど、この時計では馬が我慢できずかなり行きたがってしまう。やはり2400mか2000mかで言えば後者が良さそう、と言う事になる。最終もあまり速い所はこなさないだろうし、折り合い重視でスッキリ終えられれば。右手前多様っぽいので左回りはプラスに出る可能性が高いと思う。

もう一つ



シュヴァルツリーゼ

美浦 南W  やや重 木曜日  併せ 強め

5F68.1 4F52.5  3F38.2 1F12.1

皐月賞12着。とにかくテンパって運ぶ馬でまだまだ競馬になっていない。道中はインであっぷあっぷ、直線は真ん中を突くも他馬の捌くのを拒絶してヘッドアップと惨憺たる運び。それでも12着にいる辺りフィジカル面は強いんだろうけど・・・。呼吸も乱れがちに進む馬だし2400mは厳しいと思う。いつか覚醒する可能性は感じる馬だけど、今はレース振りが向上するまで様子見したいね。

相変わらず僚馬を激しく気にしていて内に逃避しようとしている。テンパってしまっていて全然からだが使えていないよ(頭が高い状態なので、頚が前に行かずハミを取れない)。この呼吸で2400mが持つとは思えないな。

変わらず



タガノディアマンテ

キャンター調整

京都新聞杯5着。序盤、外から並ばれた所で結構な程度で掛かってしまい位置取りが前に。消耗を強要される中で終い頑張りきれなかった。ただ、見所のある競馬を続けている馬で、スプリングSは大外ブン回しての4着、きさらぎ賞はタメて一気の競馬で2着、皐月賞はその中間、道中は最後方でタメて3~4角大外回しで6着健闘と、内容のある競馬をしている。ここでも掲示板までなら狙える力はあると思う。

キャンター調整なので所見はなんとも。硬さがなく前脚が自然に出ていたのは良いんじゃないかな。

なんとも

ダノンキングリー

美浦 南W  やや重 水曜日  併せ 一杯

6F79.8 5F65.3 4F51.9  3F38.2 1F12.7

皐月賞3着。折り合いに心配な所はある馬で、内めの枠からスタートを切って折り合いに専念できたのは大きかったと思う(外の枠から出して行くと掛かった恐れもあったと思う)。ロス無く折り合いに専念できる位置取りで直線もほぼ理想的なタイミングから仕掛けられたけど、サートゥルナーリアにねじ伏せられた。それでも最後外から2頭が来た時には伸び返していたし、接戦に持ち込むと味が出るのかも。2400mは割引必要でちょっと長すぎないかい?と思う所はある。

前回同様目一杯の最終。ただ、ストライドの開きと言うかバネ感は前回の一週前の方が感じたし、ムチも前回よりも使っていた。最終でどうなるか分からないけど、一週前だけの比較で言えば前回の方が動いていた。最終で緩く来る馬ではないから、最後のネジ締めで見極めを。

良化余地

ダノンチェイサー

栗東 坂路  良 水曜日  併せ 馬なり

4F62.5 3F46.1   2F30.1  1F14.4

NHKマイルカップ繰り上がり4着。1600m~1800mでも前が取れる馬で位置取りについては優位に立ち回れそうだけど、嚙む馬ではあるのでさすがに距離が持つかどうか。

僚馬を前に置いて16-15で調整。やはり距離、折り合いは強く意識している様。2400mは壁がある気がするけどな。最終時計を出した時にどれだけ気勢を制御出来るかだろう。

気持ち重視で

ナイママ

美浦 南W  やや重 水曜日  単 馬なり

6F88.2 5F71.5 4F56.5  3F42.1 1F14.1

京都新聞杯4着。マクりを封印し4角先団まで押し上げて差し交わしを狙う作戦に出た。無難な着順に収まる結果になったけど、末がやはり切れない馬なので1着狙いならリスクを冒してでもマクりの粘りに賭けるべきか。メンバー大幅強化の今回、どこまでやれるかだけど魅せる競馬には期待したい。

5月4日にレースをしているので(キャンターだったタガノディアマンテも然り)、17-16-15-14の時計。フットワークや気持ちに乱れも内容だし、この状態で最終スッキリと走らせて上げれば。

平行線







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする