アクセスランキング 【函館スプリントステークス2019】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【函館スプリントステークス2019】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

ダノンスマッシュ、タマモブリリアン、タワーオブロンドン、デアレガーロ、ティーハーフ

函館SS2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ



ダノンスマッシュ

函館 芝  良 水曜日  単 馬なり

5F64.2   4F49.2 3F36.3 1F11.4

高松宮記念4着。不利を受けない上にロスも可能な限り省いた理想的な回りをしていたけど、直線で前にいたのが12番人気セイウンコウセイ(2着)、17番人気ショウナンアンセム(3着)だった事もあってか、追い出しを待ってしまい前を捉えられず敗北。最後は詰めいていたし、能力は当然ここでも断然上位。ジョッキー判断が裏目に出たと言う事だろう。

ジョッキー騎乗で追わずにほぼ完全な馬なり。昔と違って気持ちが昂ぶりすぎる所は完全になくなり自滅要素が減った。芝のコンディションが不明だけど、いずれにせよ本番で走る馬場の上を馬が自分から前へ前へと行っているのは1200m戦ではやはり安心感がある。

やはりここは主役の一頭だろう。

87点




タマモブリリアン

函館 ダート  良 水曜日  単 一杯

5F62.8   4F49.0 3F36.5 1F12.8

韋駄天S8着。中団でタメて最後はバテ馬を交わして8着まで上げてきた。ただこの脚力だと末脚殺しになりやすい函館ではどうかな。直線も短いし動きが遅めだからゴチャつきにも巻き込まれやすい。インで一か八かの騎乗に活路をという事じゃないかな。

追い切りは時計が速いとは言え、最後は気が抜けてピリッとしない感じになってしまった。手前も替えていないし、鞍上も肩ムチを使うなど動きに不満そう。見劣るよ。

1点




タワーオブロンドン

函館 芝  良 水曜日  単 馬なり

5F69.0   4F52.4 3F39.0 1F12.2

京王杯SC1着。王道の先行抜け出しで危なげない勝利。先手で好位を無理なく作れて終いも確り伸びる。こういう運びをして東京新聞杯はサッパリ伸びず5着だったのが未だに引っかかるけど、このメンバーなら普通に運べば上位。スイスイ序盤から行けるし、ゴチャつきに揉まれる可能性も低いと思う。

直線に入ってストライドを伸ばして重心を低伸させるのはいつもの事とは言え、やはり見事な馬っぷりだと思う。京王杯SCの時に感じた気持ちの昂ぶりも感じないし、この馬らしい状態でレースに出てきそう。ただ、スイッチ入る前にバラッとした脚勢になっていて、まだ気持ち的に仕上げる余地はありそう。確かにこのレースにメイチでは来ないハズなので・・・。

78点

デアレガーロ

※水曜日時点で追い切り映像は無し

高松宮記念7着。初の1200mで置かれ置かれの道中になってしまい後方に。最後は鋭く伸びていてほぼ直線だけの競馬で最後方から7着まで上げており評価出来る。内容としては「通用していた」と感じるよ。1200mの2回めの今回は進みも良くなるだろうけど、函館多頭数はゴチャつきに巻き込まれると実力馬でもかなり厳しくなるから、そこがどうか。

ティーハーフ

※出走回避を表明

高松宮記念5着。ロスのないコース取りをしたとは言え、最後はこの馬なりに最大級の頑張りをして伸びていた。シルクロードS,淀短距離Sでも普通に終いを使って共に3着まで伸びて来ており、強い。ただ、前に行けない馬なのでやはりゴチャつきに巻き込まれるリスクは高い馬。4年前に大外一気で脅威的な勝ち方をしているけど、まぁ4年前の話。