アクセスランキング 【ユニコーンステークス2019】最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【ユニコーンステークス2019】最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】

サディファレンス、サトノギャロス、シェパードボーイ、ダンツキャッスル、デアフルーグ

ユニコーンS2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ



サディファレンス

美浦 南W  良 水曜日  併せ 強め

6F82.8 5F67.2 4F51.9  3F38.5 1F12.6

500万下1着。直線、やや後方で厳しい位置にいたけどまずまずの脚を繰り出して決め切った。重賞で来るほどの印象は受けないけど、前が崩れれば雪崩れ込みも或いは。

ジョッキー騎乗で強め追いでこの時計ならまず及第点かなと思う。フットワークに力感も感じるし追って十分パワーが出そう。併せて抜きに行っていないのがどうかだね。

62点




サトノギャロス

栗東 坂路  良 水曜日 併せ 強め

4F54.3  3F38.6   2F25.0  1F12.6

500万下1着。ここ2戦素早いスタートダッシュから直線突きはなす競馬をして勝っており強さを感じる。前でスムーズなペースで飛ばしてもなお終い伸びていて見所は大きい。ここでも面白いんじゃないかな。自分で競馬を作れるのは武器。

追ってからの反応が良いのは好感だけど、正直思ったほど時計が出ていない。追われても暫くしてからフッと気が抜けている様だしあまり真面目な馬にも見えないな。レースでの評価が高いから追い切りだけでは切れないけど、まず動きはそれほどでもなかった。

65点




シェパードボーイ

※追い切り映像はなし

500万下6着。抜群のスタートだったけど指示されたのか、手控える競馬に。直線で包まれて呑まれてしまったけど、脚勢は力強かったしスムーズなら。スタートは毎回上手く出ている。

ダンツキャッスル

栗東 CW  やや重 水曜日  単 一杯

6F83.4  5F66.6 4F51.3  3F37.7 1F11.7

500万下1着。ここまで11戦を使っている。内枠からスムーズに逃げを打って直線は後続を突き放して勝利。勝った2戦はともに単騎で行けており自分のカタにハメられればと言う馬かも。

終い一杯に追って時計を出したけど、直線入るまで一蹴りでポンポン馬が楽そうに進んでいて好感が持てた。追って直ぐに反応していたし、状態は上がってきていそうだね。追って沈みきらないのが気になったな。

79点

デアフルーグ

美浦 南W  良 水曜日  併せ 馬なり

6F84.0 5F69.0 4F54.4  3F40.3 1F12.9

青竜S2着。スタートが遅く後方になりやすい。脚は良いものを持っているけど、前走は出遅れが響き、上手く運んだ勝ち馬を捉えきれず。出遅れ→一気に追い込むも届かず、が多くなりがちなタイプに見えるが、どうか。

ジョッキー騎乗の緩時計ならば追って伸びるのは当然と言えば当然だけど、ハミの取りも良いし反応も素早い。前半抑えた所を見ると、後方からを想定しているかもしれないな。能力的には高いけど、やはり出遅れが懸念材料。

80点