アクセスランキング 【宝塚記念2019】最終追い切り所見  3/3 レイデオロ、マカヒキ等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【宝塚記念2019】最終追い切り所見  3/3 レイデオロ、マカヒキ等 元馬術選手のコラム【競馬】

ノーブルマーズ、マカヒキ、リスグラシュー、レイデオロ

宝塚記念2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ



ノーブルマーズ

栗東 坂路  良 水曜日 単 一杯

4F51.4  3F37.7   2F24.6  1F12.6

鳴尾記念5着。綺麗に回って折り合いもつけられる馬だけど、G3で直線の決め手が見劣る様では・・・。優等生タイプだけどそれだけに実力以上の走りも出来ないと思うし、まず検討出来ない。

ジョッキー騎乗で目一杯。後先は考えていないくらい攻めているし、ここに全てをぶつけてレース後の事はレース後に決めると言う事だろう。手応えは51.4秒G1出走馬の追い切りとしては追いを要しているし見劣るけど、この馬なりに精一杯来ているのは分かる。

70点




マカヒキ

栗東 坂路  良 水曜日 単 馬なり

4F50.6  3F37.2   2F24.6  1F12.5

大阪杯4着。末脚というか最後の決め手は今もまだ衰えてはいない。ただ去年の秋から3~4角で置かれてしまう所が出てきておりそれで置かれた分、詰め切れなくなっている。今回は少頭数だし、3~4角から仕掛ければ或いはと思っている。

この時計を単走の馬なりで意図も簡単に出してしまうんだから・・・。本当にこの馬の動きの良さには息を呑むよ。この時計でも残り1Fで手前を替えて合図も出ていないのに尚自発的に伸びようとしているのも本当に凄いし、それでいて気負ってガッつく雰囲気もない。これほどの馬がどうして勝負所で置かれるようになってしまったのか・・・。

地力に衰えは全くないし、ここでも。3~4角で前を追随できるかがカギだけど、追い切り映像だけでは本番でそれが出来るかどうかは分からないな。

89点




リスグラシュー

栗東 坂路  良 水曜日 併せ 馬なり

4F54.3  3F339.4   2F25.4  1F12.1

香港QE2世C3着。勝ったウインブライトとの差は4角でのインとアウトの差の様なもので、ロスを食らったこの馬が最後ウインブライトに詰めて掛かっていた所を見ると、ウインブライトを倒してもおかしくないと思えるだけの走りはしていた。タメて一気に追えば牡馬顔負けに伸びる馬だし、ここも注目候補の一頭。前走では見られなかったけど、右回りは内にモタれる事が過去に何度もあったので注意。

金鯱賞の時も折り合い面で気になる追い切りだったけど、今回は更にかかりそうな気配が出ていて、僚馬の後ろでも全然我慢できていない。ここに来て気難しい所が出てきたのかな。折り合えれば牡馬一線級ともやり合えると思うけど、まず追い切りの馬っぷりは良くない。

43点

レイデオロ

美浦 南W 良 水曜日  併せ 馬なり

4F54.1 3F39.2 1F12.9

ドバイシーマ6着。最初っから最後まで掛かりっぱなしで全く見せ場なし。海外輸送が堪えたか。勿論国内でのレースでも折り合い難は以前から出しているけど、多少掛かった程度ではこの馬は終いを失わない。普通に運ぶだけで相当な決め手が使える馬だし、追い切りでの精神状態がまともそうならやはり十分検討できる。

あれだけ掛かった後だから追い切りでの様子が気になったけど、1週前→掛かりそう、最終→大丈夫そうと気持ちの整えは出来ている。併せてもガッつく所はなく合図を待てていたし、状態は持ち直していそう。普通に検討できる。

83点