アクセスランキング 【ラジオNIKKEI賞2019】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【ラジオNIKKEI賞2019】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

アドマイヤスコール、アンブロークン、インテンスライト、ヴァンケドミンゴ、ウインゼノビア、ギルマ

ラジオNIKKEI賞2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ



アドマイヤスコール

美浦 坂路  良 水曜日 併せ 強め

4F52.5  3F37.8   2F24.6  1F12.1

青葉賞9着。掛かって運んでしまう馬で、青葉賞も1角進入から掛かりっぱなしで前に行ってしまう等、脚を消耗。直線入口では手応えがもう無かった。折り合って運べれば前進も有り得ると言う事になるので1800mへの短縮はプラス視。同じ1800mのセントポーリア賞では折り合いはまずまずついていた。

競る雰囲気は十分にでていたし、時計もまずまず。折り合いに心配のなさそうな気配だったけど、それでも前回は本番でかなり掛かったから安心材料には出来ない。先着はしたけど、僚馬はバテ気味だったから、ここも評価材料にしづらい。

68点




アンブロークン

※水曜日時点で追い切り映像は無し

新潟2歳S2着。新馬戦と続けて掛かる所を見せており折り合いに不安面は見せていた。新潟2歳Sは掛かった分最後は浅くなった感じで、あれだけ掛かって2着等、よく走っている。久々がさすがにどうかと言うのと、折り合い面に成長が見られるかがカギ。




インテンスライト

美浦 坂路  良 水曜日 併せ 馬なり

4F52.2  3F38.4  2F25.4  1F12.9

プリンシパルS4着。中団で折り合って直線大外から追うも伸び切れず4着まで。前の馬が33秒台を使うレースの中、頑張っていた方だと思う。ただ、追ってガッとスイッチが入っていた感じはなくまだフワついている所があった。出し惜しんでいる感じはするし、本気を出させる事が出来ればもっとやれそうだけどね。

四肢はきちんと動いているし、坂に正対した際にも自分から登れている。存外、競る気配も出していて僚馬が競ってきたら速度を上げて抜かせないように歩度を上げていた。良く見えるね。

76点

ヴァンケドミンゴ

栗東 CW 良 水曜日  単 一杯

6F85.8 5F68.0 4F53.1 3F39.1 1F11.8

京都新聞杯9着。スタートが少し遅く、レースも追って追っての運びになる等、緩慢な所がある。直線入っても大きく伸びる所も無かったし、あまり良い馬とも正直見えない。

四肢がバラついている上に呼吸も整っていない雰囲気でハッハしている。5F68.0秒でメイチ気味に追う様ではここでは見劣るな。

12点

ウインゼノビア

美浦 坂路  良 水曜日 単 終い強め

4F55.1  3F39.6  2F25.0 1F12.2

オークス13着。フローラS同様インでピッタリ回ってロス無く行けたけど直線伸びず。直線で前はガラ空きだっただけにあれで伸びなかったとなると実力負けだね。折り合いはつく馬でこの馬なりのレースはしてくると思う。相対的に長めの方が長所が活きそうと思ったがどうか。

終いの12.2秒はかなりせっついて登って来ている。もっとゆったりしたフットワークで出せないものかな。4F55.1秒の緩時計でも終いで大きな余力は感じないし、どうかな。

9点

ギルマ

栗東 坂路  良 水曜日 単 強め

4F53.6  3F38.6  2F25.4 1F12.9

山藤賞1着。スタート直後に軽く躓いて後方からになった。勝負所で若干鈍さみたいのは見せていて大外回しになったけど、良く伸びて最後はアタマ差出ての勝利。強さはないけど、頑張り屋という印象を受ける馬で小確りした走りは期待できる。全くのノーマークにはしたくないな。

レースで頑張る雰囲気を見せていたのとは対象的に、追い切りだと坂の終わりら辺でヤメてフワっとしてしまうね。シンドそうにはしていないし、ムチで気合入れられている所を見ると馬がヤメているだけでバテてはいないんだろうけど・・・。追い切りの動きでは馬っぷりは悪いね。今回は走る気になっていないとか・・・かな?

28点