アクセスランキング 【函館記念2019】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【函館記念2019】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム

アメリカズカップ、アーバンキッド、エアスピネル、カルヴァリオ、ガンコ、グレイル

函館記念2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アメリカズカップ

函館 W 良 水曜日  単 終い強め

5F69.2 4F53.3.9 3F39.4 1F12.9

巴賞7着。相変わらず折り合いに難があり道中の我慢が利かない。前走も中団に待機出来ず、前に行ってしまい消耗が発生する競馬に。ただ、それで7着ならむしろ頑張っていると思う。スンナリ逃げて気分よく行かせれば一発は有り得るかも。

フットワークに力感こそあるけど、やはり急いている点は否めない。他馬のいない時間にやっているのも掛かる馬特有だし、大きな進展はないと見る。

38点




アーバンキッド

函館 W 良 水曜日  単 終い強め

5F68.6 4F53.7 3F39.4 1F12.9

巴賞6着。手応え良く回って来て、着争いしそうに見えたんだけど追ってサッパリ。2走前共々、どうも追うとインにモタれてサボろうとする所があるみたい。これではどんなに余力があっても疾走れない。

やはり追い切りでも左に張られながら右ムチを頻繁に振られて、内に入らない様に走らせていた。直前でこの気配と言う事はやはり、本番でもまた右に切れ込むだろう。頚も使えていないし、どうかな。

21点




エアスピネル

函館 ダート 良 水曜日  併せ 終い強め

6F83.7 5F68.2 4F53.4 3F39.0 1F12.3

マイルCS10着。4角好位で回ってくるも直線で弾けず。元々ジリっぽい所のある馬だから先手で押し切れないと厳しく、前回は他馬の決め手に対抗できなかった。最後は脚勢も蔭っていたし完敗と言う内容。メンバーが軽くなるここなら。時計の掛かる洋芝も相対的に合うと思う。

時計はいつも通りで低いるけど、体の使いに躍動がなくなってピッチ気味の、以前より縮んだストライドで走っている。ムチ牽制もしょっちゅう入っていたし、調教駆けするこの馬としては今までより幾段も見劣ったよ。これはどうかな。

34点

カルヴァリオ

※水曜日時点で追い切り映像は無し

巴賞14着。少し掛かる気配を出して進めたけど恐らくそんなに消耗はしていない。それよりも勝負所でマイスタイルがダフった感じで下がって来て、この馬が手綱を引いてしまう不利(但しファウルではない)があった。あれで直線最後方と言う展開になってしまったし、ここは仕切り直しで前進を。

ガンコ

※水曜日時点で追い切り映像は無し

巴賞13着。4角好位を取るまでは良かったけど、それで脚を大分消耗していたみたい。直線は余力なくムチへの反応もなく敗退。もっとスローになって色々ごまかしが利けば重賞馬だし多少粘れるかもだけど、素の力だけではどうか。

グレイル

※水曜日時点で追い切り映像は無し

中日新聞杯13着。出遅れて後方にはなったけど、そこまで出遅れる馬では本来ない。直線で前が大渋滞してしまいムチどころか満足に追える所もなくかなり余して大敗。前走は度外視できると思うよ。どちらかと言えばキレ脚勝負なので、脚力を削がれやする洋芝はマイナス視。