アクセスランキング 【中京記念2019】最終追い切り所見  2 /3 元馬術選手のコラム【競馬】

【中京記念2019】最終追い切り所見  2 /3 元馬術選手のコラム【競馬】

グルーヴィット、コスモイグナーツ、シャイニービーム、ジャンダルム、ツーエムマイスター、ヒーズインラブ

中京記念2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ




グルーヴィット

栗東 坂路  良 水曜日 併せ 強め

4F52.2  3F37.6   2F24.0  1F11.7

NHイルカップ10着。直線で前が壁になってしまいロクに追える所も無く敗北。前を楽に追走していたし追えば恐らくかなり弾けていたハズ。前回度外視で持ち前の豪脚に期待。決め切れる脚を持っているしこの馬は面白いと思うよ。

僚馬よりユルいフットワークでも制して登れているし、この時計でも終いで止まっていない。併せて競っているところも好感。ただ、52.0秒を企図しているようなラップだし、狙いよりも0.2秒ほど遅い時計だったのかも。

ただ、総じて良く見えるよ。

84点




コスモイグナーツ

美浦 南芝 不良 水曜日  単 馬なり

5F64.9 4F49.3 3F36.6 1F12.5

米子S4着。逃げてハイペースを作ってしまい終いは失速。脚力を持っているとは言い難い馬だし、前半戦で勝負付ける競馬をするのは確かに妥当だと思う。それだけにハマりさえすれば、と言う馬ではあるけど、直線の長い中京でそこまで紛れるかどうか。

やはり追い切りでも少し行きたがる。ペースコントロールに難が出そうなほどで、やはり道中の温存がカギ。ただ、上手く運べても粘ってくれそうかと言うと・・・。

19点




シャイニービーム

※水曜日時点で追い切り映像は無し

米子S3着。ややハイペース気味で運んだ中、終いはそれなりに伸びた。ただ、重賞で勝ち負けするにはもっと決め手を持っていないと見劣るのが正直な所で、前回の走りだけではどうか。

ジャンダルム

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

6F84.3 5F68.1 4F52.7 3F38.2 1F11.6

東京新聞杯14着。各馬が33秒台を使うレースで後方からになり33.7秒を使うも意味が無く14着大敗。マイルCSも同様の負け方で、前が崩れれば分からない部分のある馬。ただ、前走は追ってからあまりハミを取れておらずグンッと頚を伸ばす所が乏しかった。馬に闘う気持ちが希薄というか、身体能力は高いのに、ヤル気はない見たいな感じだね。

時計がゆるいとは言え、馬なりで終い38.2-11.6を出せるし、引き続き追い切りは抜群に動く。本番追って本気を出すかどうか。前が崩れれば少なくともそれに乗じてある程度の着順に来る力は持っているハズ。気勢次第。

64点

ツーエムマイスター

栗東 坂路  良 水曜日 単 馬なり

4F53.6  3F37.8   2F24.5  1F12.4

パラダイスS2着。スンナリの単騎逃げに持ち込み、終いで逃げ馬なのに33.9秒を使える等絶好の展開に持ち込むも相手の鋭さが光って、惜敗。普通、逃げ馬が33秒台使ったら勝つけどね、勝ち馬が見事だったとしか言い様がない。絶好の展開に持ち込んであれまでの競馬だったし、重賞ではどうかな。

終い1Fは馬がヤメてフワっとしてしまっている400m-200m間の時計も結構脚をセカつかせてのものだし、このメンバーで見て走っているとは言い難い。展開がハマればの馬だけど、地力ベースではどこまでか。

40点

ヒーズインラブ

※水曜日時点で追い切り映像は無し

米子S10着。ワリと前が大変になった展開で後方に控えたけど終いを全く使えず伸びずの敗退。道中、少し掛かった分も影響があったかも。いずれにせよ、それほど強みを感じる競馬はしていなかったな。