アクセスランキング 【クイーンS2019】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【クイーンS2019】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

ウインファビュラス、ウラヌスチャーム、エイシンティンクル、カリビアンゴールド、サトノガーネット

クイーンS2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




ウインファビュラス

函館 W 良 水曜日  単 馬なり

5F69.1 4F53.6 3F39.8 1F12.8

巴賞10着。前めに付けるもペースが速くなってしまい、4角で脱落気味に。4角で接触があって萎えた部分もありそうだけど、それ以上に脚勢を失っており、バテ負けと言う印象。スローで温存が利く展開になれば前進もありそうだけど、地力でどこまで。

ユッタリ行ける馬で折り合いの心配はないんだけどな。69.0秒の緩い時計で余力があったとは言え、この馬なりにハミは取れていたし、まずまず。追って頚の躍動が狭いのがどうか。

61点




ウラヌスチャーム

札幌 芝 良 水曜日  併せ 強め

6F75.0 5F61.1 4F48.1 3F34.9 1F11.4

中山牝馬S2着。後方から差しの競馬を挑んでくる。14頭立てなら札幌でも4角を捌きやすいし、スムーズならば当然面白い。決め切れる脚を持っているのは何度も見ているし、タメを利かせて直線に入れれば。

芝追い切りにしては珍しく5F61.1秒と負荷を掛けた。あまり仕上がっていない馬に多いパターンだと思うし、実際最後も肩ムチが入るなど気勢に今一つな感じは否めない。久々の分は割引必要かも。一度叩いてからというヤツじゃないかな。

58点




エイシンティンクル

札幌 芝 良 水曜日  単 馬なり

1F14.5

都大路S3着。ほぼ確実に逃げの手を打ってくる。前走はスンナリ先頭で行けたけど、勝ち馬も脚が見事だったとは言え、あまり抵抗を示さず敗退。重賞だと荷が重いかな、と言うイメージはある。

本番と同じ場で直前追い切りが出来ているのはこの手の馬には合っているかも。何をしでかすか今一つ分からない気勢だし、馬場入場やパドック、厩舎に馴染んでいるのはプラスに出ると思う。14.5秒で気持ちを落ち着けられているのも好感。

80点

カリビアンゴールド

札幌 芝 良 水曜日  単 強め

6F79.2 5F63.5 4F49.6 3F35.8 1F11.5

五稜郭S2着。少し掛かりそうな気配は感じるけど、レースで自滅するほどでは無さそう。4角外めから差し込んだけど、ジリっとした脚しか使えず決められなかった。重賞だと厳しいかもしれないな。

やはり追い切りでも少しだけ嚙む。この程度なら本番で多少他馬が絡んでも心配は要らないとは思う。肩ムチに反応して確り前脚が動いている点は好感が持てる。仕上がり自体は良いと思うよ。続戦分もありそうだね。

68点

サトノガーネット

函館 W 良 水曜日  単 馬なり

4F55.7 3F39.5 1F12.5

五稜郭S1着。カリビアンゴールドの後方で競馬をして4角もカリビアンより外。それでほぼ直線だけの競馬で僅差とは言え勝っているんだから、カリビアンゴールドとはハナ差の着差以上に評価して良いと思う。ただ、この馬も重賞で決められる程の脚力は感じなかった。

動き自体は柔らかくて筋肉に緊張がない分、関節が広く使えていてストライドは広い。ただ、それだけに一蹴りでの進みの遅さが気になる。フットワークに力感を感じないのがマジでどうか。馬っぷりは良いけど、能力がどこまでか。

72点