アクセスランキング 【関屋記念2019】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

【関屋記念2019】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

アストラエンブレム、エントシャイデン、オールフォーラヴ、キョウワゼノビア、ケイデンスコール、サラキア

関屋記念2019の追い切りについて所見を述べていきます 1/2 by アラシ



アストラエンブレム

美浦 坂路 良 水曜日  併せ 強め

4F52.8 3F38.4 2F25.1 1F12.5

巴賞4着。毎回そうだけど、前が開いて一気に追った所で、それまで感じていた手応え程は伸びない。馬が自分で制御してしまっている感じは相変わらず残っているね。今はレース振り自体はまともで折り合いに苦労する事はないから直線余力残しで回ってこれそうだけど、馬が本気を出すかどうかだね。

追い切りは久しぶりに見るけど、最後で自分から加速して登っており、レース振りとは相反する気配はある。本番ヤメる所が出なければだけど、中々そう上手くはいかないからね…。

60点




エントシャイデン

栗東 CW 良 水曜日  併せ 強め

5F70.6 4F53.4 3F38.8 1F12.1

中京記念7着。毎回重賞でも上がり上位を使えており、展開次第でチャンスはあると思わせてくれる。前回は後方からの競馬が合わない末脚殺しの馬場状態に泣いた。実力で重賞を勝つのは大変な位置にいるけど、本当、展開がハマれば。

追い切りは相変わらず一蹴りでの進みがあまり大きくなく、直線でも手前を替えないなど見映えはしてこない。そこはいつも通りだから置いておくとして、70.6秒と余裕のある時計の割には最後の12.1秒を出すのにかなりの追いを要している。少し動きが重く、もう少し調整が必要な段階にあるかも、とは思った。

48点

オールフォーラヴ

栗東 CW 良 水曜日  単 強め

6F81.3 5F65.5 4F51.4 3F37.9 1F11.7

米子S1着。牝馬だけど折り合い自体はワリとつきそうな感じでタメが利く。ただ、追ってからの弾けは重賞ではもう一つと行った所で、ここでは積極視できない。新潟では関係ないけど、坂でもちょっとシンドそうにしているのが目に付くね。

頸と四肢の連動が不完全で、ストライドの開きにやや不足を感じる。ハミとケンカ気味になるのは以前に見た時と同じだね。この馬なり、という感じじゃないかな。

42点




キョウワゼノビア

※追い切り映像はなし

CBC賞4着。後方でタメた馬が上位に来たレースでこの馬も後方一気がハマったクチ。展開分で上位に来れている感じは過分にするので人気が少しでも濃くなれば切り。1200m~1400mでも掛かってしまうし1600mは適正外だと思う。




ケイデンスコール

栗東 坂路 良 水曜日  単 馬なり

4F56.4 3F40.1 2F25.3 1F12.0

NHKマイルカップ2着。アドマイヤマーズをマークする位置で後方からの競馬。勝負所でアドマイヤマーズが動いた所で無理について行かず、タメに徹し自分の競馬を作り終い一気に追って2着。これぞ追い込み馬と言う競馬で理想的なレースが出来ていたと思う。こういう運びの再現性は低いと言わざるを得ず、ここで積極視出来るかどうか。

緩い時計での登りになったとは言え、自発的な加速が見られるのは好感材料。気勢は良い意味で高く、走る気持ちに満ちているけど制御出来る範囲内にいる。十分動ける状態にあるんじゃないかな。

78点

サラキア

栗東 坂路 良 水曜日  単 馬なり

4F53.5 3F38.6 2F24.5 1F11.9

エプソムカップ2着。ペースが遅く、自然に押し出される様にしてハナへ立った。全馬33秒台を使ったレースだったので、位置取りの差がそのまま着順になりやすく、ハナで行けたこの馬が一番恵まれた。実力の2着とは言い難くオッズがよくなってしまうようなら切りたい。

前回もそうだけど、馬場状態がかなり良い時間帯に追い切った。馬場の分もあるけどフットワークのまとまりは感じるし、前進気勢も高い。余力も時計に見合っている感じだし、良いと思うよ。

70点