アクセスランキング 関屋記念・エルムS2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

関屋記念・エルムS2019 簡易回顧 (管理人用雑記)

関屋記念・エルムS2019 簡易回顧

ミッキーグローリー

関屋記念1着。珍しく出遅れて行脚もつかず後方になった。大型馬の休み明けだったし、ああいう所がどうしても出るのかなと感じた。上りの速い競馬で後手後手に回る運びになったり直線で前を捌いたのが200m過ぎになるなど展開は全く向いていなかったが、32.2秒を繰り出してムチ2発で前を捉え切った。G1で通用しそうな気配。

ミエノサクシード

関屋記念2着。向こう正面で外から来た馬にマクられたのが利いたのか折り合いを欠いて結構前に行った。そこから終い確り伸び切って、かなり強い競馬をしたミッキーグローリーの2着なら評価できる。普段は掛かる馬ではないので掛かったのはあまり気にしない。

ソーグリッタリング

関屋記念3着。先手を取って前に馬を置かなくても折り合って運べる安心感がある。早々に位置取りを固めて直線何の不安もないような状態の道中を作るなど、絶交の運びをしたけど、最後は上位2頭に競り負けた。直線に入ってハミをグイグイ引いて自分から競りに行ってくれるし、信頼しやすい馬。

モズアトラクション

エルムS1着。出遅れたけど、それが逆に功を奏したのかそこからおっつけずにタメの競馬に徹する。逃げ馬4頭が行き合うかなりハイペースの消耗戦になったからタメに徹して終い勝負の競馬にしたのは大きい。4角をキレイに捌いて直線の短い札幌で早々にフリーな状況を作った藤岡騎手の騎乗も光った。ロングスパートの末脚が利くのが武器。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする