アクセスランキング 【北九州記念2019】最終追い切り所見  1 /3 元馬術選手のコラム【競馬】

【北九州記念2019】最終追い切り所見  1 /3 元馬術選手のコラム【競馬】

アレスバローズ、アンヴァル、イエローマリンバ、エイシンデネブ、エントリーチケット、カラクレナイ

北九州記念2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アレスバローズ

栗東 坂路 良 水曜日  単 馬なり

4F54.9 3F39.1  2F24.9 1F12.0

CBC賞2着。元々気難しいところがあった馬だけど、最近、特に前走は馬群の中でもリズムを乱さず走れていたし、直線のイン突きにも厭う気配は出していなかった。32勝を消化している7歳だし、そういう所はもう馬がわかっているのかな。前走はイン突きがハマった所もあるし、後ろが有利だったから評価はほどほど。

55.0-39.0-25.0-12.0と折り合いがつかないと刻めないラップを割とスムーズにマーク出来ていた。鞍上とのコンタクトは取れているし、やはり折り合いは向上しているね。年齢の分、落ち着きが出ていて前進していそう。

80点




アンヴァル

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F53.6 3F39.3  2F25.3 1F12.3

バーデンBC2着。エンジンの掛かりが遅い馬で、道中~4角と置かれてしまう。それでも直線だけの競馬で2着まで猛追しているあたり能力は感じるんだけど…。4角で追いながら回って来れるかがカギになりそう。18頭立ての小倉だとあまりそう出来るイメージはわかないけど、どうか。

後肢がついてきておらず、若干バラっとしている。ただ、レースで見られる重さは少なくとも追い切りを見る限りでは感じないし、もし追い切り通りに動けばチャンスもありそう。初見馬だからこの動きで実戦でどうなるかはなんとも。

52点




イエローマリンバ

※追い切り映像は無し

バーデンBC10着。ハナを狙ってくる。1200mでも直ぐにハナを切れるなどスタートは非常に上手い。最後で毎回食い粘りが利かないあたり、実力なのかな。相当ハマらないと厳しいかもしれないな。

エイシンデネブ

※追い切り映像は無し

佐世保S1着。ネットでも一部話題で話題になったくらいの強烈な末脚を繰り出して、直線だけの競馬でブッコ抜きの勝利。確かに勝つ時は末脚の鋭い所を発揮しているし、道中どれだけタメが利いて、直線どれだけスムーズに前を捌くかだろう。

エントリーチケット

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 強め

4F53.3 3F38.8  2F24.9 1F12.3

バーデンBC12着。4角までで手応えが怪しかったけど、インコースから張り出しを喰らって慌ててしまった上に加速が利かず更に後ろからになった。まともでも勝てていたとは思えない手応えだったけど、もう少し上位には来れたのかなとは思う。少し割り増し評価してよいと思うよ。

結構掛かりそうに登ってきていたけど、1200m戦だしむしろプラス評価。僚馬と並んでからは猛然と走っているし、少しだけタメが作れればこの動きなら案外面白いかも。

78点

カラクレナイ

栗東 CW 良 水曜日 単 馬なり

4F53.8 3F39.6 1F13.4

バーデンBC1着。外枠のスタートからインに潜れず結構のロスを被ったにも関わらず最後まで伸び切っての勝利。強い印象を残したね。2走前に道中、何かに大きく驚いて折り合いがかなり乱れる所があり、2走前8着の要因はそれ。精神的な脆さを抱えているという可能性はどうやらありそうなので、能力は確かながらも半信半疑な所がある。

追い切り時にかかる気配が出るのはここ1年くらいずっとそうみたい。追って伸びていないし、どうかなと思う動きはある。他馬のいない時間の単走でこれだと実戦でもまれた時にどうか。

14点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする