アクセスランキング 【新潟記念2019】最終追い切り所見  1 /3 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【新潟記念2019】最終追い切り所見  1 /3 元馬術選手のコラム【競馬】

アクート、カヴァル、カデナ、クリンチャー、コズミックフォース、ゴールドサーベラス

新潟記念2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アクート

美浦 坂路 やや重 水曜日  併せ 一杯

4F54.5 3F39.1  2F25.3 1F12.9

佐渡S1着。スタートがやや遅い感じで、今までにも何度か出遅れている。控える競馬ばかりしている馬に見られる傾向で、まともに出ても馬が自分で控えてしまうので自ずと後方になる。ただ、その分終いは毎回上位3位以内に入っているものを使っている。

一杯で時計は出ていないけど、前進気勢は高い状態で重心も低くしながら走り切れているし、決して悪くないと思う。鞍上の乗り方にクセがあり重心をかなり後ろに残して追っている分、登坂がやりづらくなった分はあると思う。

67点




カヴァル

美浦 坂路 やや重 水曜日  併せ 一杯

4F54.1 3F39.0  2F26.0 1F13.3

マレーシアカップ1着。折り合いはつくようだけど、道中や直線追いだしてからの進みが悪く、エンジンの掛かりが遅い。結構メンバーが揃ったG3だから、まずは様子見で良いと思う。崩れはしないとは思うけど、その分、大駆けもしにくい。

追って頭が上がってピッチ気味になるのがどうか。この馬も鞍上がゴツく背中を潰され気味になっていた分はあったかも。序盤競ろうとはしていたし、鞍上の性質を考えるとやはり悪いとは言い切れない。

58点




カデナ

栗東 坂路 重 水曜日  単 一杯

4F53.8 3F38.2  2F25.0 1F12.7

小倉記念2着。ここの所、出遅れが目立ってきてはいるけど、終いもまた使える様になっている。前回は直線で若干狭くなって追い遅れた分、勝ったメールドグラースに詰め切れなかった。勝敗の差はアクセルのタイミングと言った所で、最後は勝馬に詰めていたくらいだし、ここも侮れない。

終いの抜けが目立ってはいたけど、馬場状態を考えればある程度は仕方がない。追われる前までは低伸したフォームや単走でも維持できている前進気勢など好感は感じた。前回の追い切りと言い、動きが良化してきているとは感じる。

71点

クリンチャー

栗東 坂路 重 水曜日  単 強め

4F54.5 3F39.3  2F25.5 1F12.5

宝塚記念8着。意外にもG3挑戦はキャリア初。G1で4角バテで頼りないイメージがついているけど、メンバーが大幅に軽くなるここならやれる可能性はあると思う。いきなり相手が軽くなれば馬自身、シンドさを感じず走りきっちゃうかも?

馬場状態相応に、終いの抜けはあった。それ以外に四肢のバラツキや、体が今までより華奢に見えてしまうのも気になったね。どうだろう。

38点

コズミックフォース

※水曜日時点で追い切り映像は無し

福島テレビOP9着。序盤で後手に付けたのが失敗か。後方で休み明けの分かエキサイト気味に行ってしまい、直線もほぼ最後方で不発。前で粘る馬だし、自分のカタで再度。

ゴールドサーベラス

※水曜日時点で追い切り映像は無し

七夕賞3着。出遅れはしなくなっているけど、タメの競馬を続けているので序盤の行きっぷりは良くなく、逆に言えば掛からずにタメを作れる状態にはなっている。前回は前崩れに乗じてなだれこめた部分が大きいので、評価はぼちぼち。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする