アクセスランキング 【新潟記念2019】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【新潟記念2019】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

サトノキングダム、サトノワルキューレ、ジナンボー、ショウナンバッハ、センテュリオ、ダイワキャグニー

キーンランドカップ2019の最終追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




サトノキングダム

美浦 坂路 やや重 水曜日  併せ 一杯

4F51.7 3F37.7  2F25.0 1F12.9

阿武隈S1着。動きの素早い馬でレースを作れる所は評価。馬場が結構荒れた中、脚を取られている馬も多かったけど、この馬は意に介さず軽快に走れていた。馬場が悪い方が相対的にアドバンテージがあるかもね。余力のある勝ち方だし、ここでも存在感を。

僚馬が相手としては軽そうだったためか、併走自体は楽そうだった。時計の速い中、追われて余力も見せていたし、良い部類だと思う。

74点




サトノワルキューレ

※水曜日時点で追い切り映像は無し

ヴィクトリアマイル13着。ほぼ確実に出遅れて後方からになる。末脚は持っている馬だから追って届く、淀みの無いペースになれば。前走は上り勝負の中、最後方で出番がなかったものなので大きくは気にしない。




ジナンボー

美浦 坂路 やや重 水曜日  併せ 一杯

4F52.5 3F38.0  2F24.9 1F12.6

ジューンS1着。折り合いを欠いてハナに立ったけど、そこからは雰囲気が安定した。馬群で競馬をしない方がよさそうだね。ズングリした脚運びの馬で高速馬場での勝負は恐らくマイナスになる。前回同様渋った方が面白みが出そう。

上記レース見解部分の欲目がない上で言っているつもりだけど、確かに渋った馬場でもフットワークが陰らず登り切れている。当日もし渋れば狙えるかも?良い時計をまとまったフットワークで出せているし、動きだけを見ても良い水準にありそう。

80点

ショウナンバッハ

美浦 坂路 やや重 水曜日  単 一杯

4F53.0 3F38.5  2F24.9 1F12.6

宝塚記念10着。メンバーが強すぎた。10着でも大きく負けたとまでは思わないし、4番上りを使っているなどそこそこ走っている。後方から安定した脚を使える馬だし、差し届くペースになれば。

指示された時計っぽいけど、追いはほぼ一杯に使った。もっと余力を残して登れれば良かったと思うけど、時計に比して手応えはまずまずと言った所。この一追いで動ける様になったかは普通は誰にも分らないけど、キビキビした所が入っていれば。

69点

センテュリオ

栗東 坂路 重 水曜日  単 強め

4F52.9 3F38.5  2F25.0 1F12.3

マーメイドS4着。前が崩れたレースで最後方から追い込めたのが大きい。条件戦馬がかなり多かったレースだったし、相手に恵まれた感じも否めない。展開はバッチリハマった感じのレースだったけど、それで4着となると中々評価は上げられない。

追い切りは風にたじろいだか内側に体が流れていたし、頭を上げて機嫌も悪そうだった。前回も感じたけど、ストライドは広いけど気性的に御しづらそうなんだよな。

46点

ダイワキャグニー

美浦 南P 良 水曜日 単 馬なり

5F67.4 4F52.0 3F38.5 1F11.9

メイS1着。差しでもそれなりに見せ場を作る事もある馬だけど、先手抜け出しが信条の馬。折り合いに心配があるから2000mはマイナス視。気分よく運べば前めでの良い脚を使える。展開を上手く作れれば、ここもチャンス。

やはりハミの取りがキツくてクビがロックされて使えていない。ポリだからそれでも四肢は動いているけど、本馬場ではストライドが縮んだままでは決め手は使えない。ただ、いつもこの馬はこんな感じだし、今更気にする事でもないな。追い切り見る前から多分こんな感じだとは思ってたし。

74点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする